2020年10月04日

高山さんのこと

高山さんが亡くなった。自分は、高山さんではなくて、別の名前の方が馴染みがあるのだけれど、ここでは高山さんと書いておこうと思う。

高山さんとは、自分が大学生の時に知り合った。もう20年以上前になる。
当時、自分が運営していたウェブサイトを訪問してくださり、自分が思いのままに書き散らしていた文章やネタを、なぜか、面白いと掲示板に書いてくださり、それをきっかけにメールのやりとりをするようになったと記憶している。

それから飲み屋やイベントなどでたまにお会いする機会があり、清水ミチコのCDを貸しあったり、飲み屋のモニターで某歌手のくだらないプロモーションビデオを何度も見てゲラゲラ笑い合ったことを覚えている。

高山さんはもちろん強烈なキャラクターで、会うときはいつも緊張した。20代くらいの頃の自分は、ただ勢いだけで生きていて、生意気だったし、未熟で世間知らずで、根拠のない自信、意味のない虚栄を張っていて、そんな空っぽの自分が見透かされるんじゃないか、といつもドキドキしていた。

当時、そんな自分のことを、高山さんが


「面白い」を「行動」に移す瞬発力においては、 この方の右に出る人を存じ上げません。


と書いてくださったことがある。mixiの他己紹介みたいなやつだ。とても嬉しかった。
その言葉は、その当時から現在に至るまで、自分の心の支えになっている。行動することが生きること、そうやって生きてきたし、生きていこうと思っている、それが間違いじゃないということを実感できる、後ろ盾のような言葉だったからだ。

自分は社会人になり、仕事をしながらスケートにのめり込み、高山さんはいつの間にか「高山真」という名前で本を出版したり、雑誌やウェブ媒体でコラムを書くようになっていた。会う機会はほとんどなくなっていたけれど、たまに本やコラムの感想を送ったりのやりとりをしていた。アメリカで津軽海峡冬景色で滑る子がいる!とサマンサ・ガーデラスのことを教えてくれたのも高山さんだ。数年前、高山さんが羽生選手についてのスケート本を書くことになり、それをきっかけに、久々にお会いすることになった。

癌になったこと、入退院をくりかえしていることは、人づてに聞いていた。げっそり痩せていたらどうしよう、なんて言葉をかければいいんだろう、そんな心配をよそに、高田馬場駅前のルノアールに現れた高山さんは太っていた。相変わらずオシャレで(と言っておく)、マタギみたいな、エッジの効いた服を着ていて、目をカッと見開くクセも変わっていなかった。タバコもスパスパ吸っていた。病み上がりな雰囲気は微塵も感じられなかった。感じられなかったのは、感じさせなかったからだ、とあとで気づく。そしてフィギュアスケートの話を何時間もした。平昌五輪にも行くという。ああ、大丈夫なんだ、たいしたことないんだ、そうだよな、この人、簡単には死なないよな、そうだよな、そう安心していた。

だから、こんなに早く逝くとは思わなかったのだ。

誰かを失うと、その誰かに、もっと自分が何かできることはなかったのかな、といつも思う。高山さんからいろんなことを教えてもらったのに、自分は何か返せたのかな、何かあったかな、そう、高山さんと二人で、艦これのアイスショーを見に行った時のこと。高山さんが尊敬して止まない、大大大ファンだという伊藤みどりさん、アイスショー終演後、楽屋に挨拶に伺おうとした時、「いや、私は遠慮させていただいた方が......」と、帰ろうとする高山さんの腕を無理やり強引に引っ張って、楽屋前まで一緒に行って、みどりさんとご対面、みどりさんとツーショット写真を撮ってたな、あれ、喜んでもらえたかな、いやでもすごいのはみどりさんか。でも、海浜幕張駅までの帰り道、歩道橋で、これまで見たことのないような紅潮した顔の高山さんを思い出す。訃報を聞いた今、その横顔をよく思い出す。

去年のピアノライブに来てくださった時、帰り道にみどりさんと偶然一緒になって駅までエスコートさせて頂いたんですよ!と、後日飲みに行った時、嬉しそうに話していた。後で、「高山さん、だわさんのこと、こんなふうに話してたよ」とみどりさんから聞いた。その言葉はここでは書かないけれど、それもずっと自分の心の中に置いて、心の支えにしていきたい言葉になっている。

頂いたありがたい言葉を忘れないようにしようと思う。高山さんと知り合えて、ほんとに楽しかったし、うれしかったです。どうもありがとう。


P.S
1週間前くらいに、中部ブロックで本郷選手が愛の不時着の曲で滑ってるのを見て「本郷さん、愛の不時着!」っていう、なんてことないツイートをして、それに「いいね!」をくださいましたよね。そんなしょうもないツイートに「いいね!」をするのが最後だなんて、その数日後に死んじゃうなんて、まさか思わないじゃないですか!でもなんだか高山さんらしい。やられた!笑






posted by dawa at 02:58| フィギュアスケート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月28日

お知らせ

フィギュアスケートミュージックピアノライブ、2020年はおやすみいたします。

まだまだ先ですが、2021年は開催予定です。どうぞよろしくお願いします。



ダワ



posted by dawa at 02:47| ピアノライブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月03日

ピアノライブ2019終了!

フィギュアスケートミュージックピアノライブVol.14〜さいたまワールド直前SP!〜、無事終了しました!
ご来場ありがとうございました。

arigato2019.jpg

たくさんのプレゼントも、ありがとうございます!


【SET LIST】

■1部
 1.エテリ国 国歌斉唱
 2.シェルタリング・スカイ
 3.ジムノペティ〜BIG MY SECRET
 4.小雀に捧げる歌
 5.月光
 6.星から降る金(ミュージカル「モーツァルト!」より)
 7.Think of Me(「オペラ座の怪人」より)
 8.LaLaのテーマ(「ドクトル・ジバゴ 」より)
 9.Otonal 〜秋によせて〜
10.ピアノ協奏曲「宿命」第一楽章
11.Caruso 〜デニス・テンに捧ぐ〜

■2部
 1.寂聴のスケート法話〜全国有望新人発掘合宿 in 野辺山 編〜
 2.リクエスト曲特集
   ・うるさいサウンドオブサイレンス
   ・ある愛の詩
   ・ふたりでスローダンスを
   ・Luv Letter
 3.たぶんこうだったんじゃないか劇場
 4.ミドリ・イトウメドレー
   ・羊蹄のまつり
   ・恋人たちのロンド
   ・シェヘラザード
   ・海賊〜パ・ド・ドゥ
 5.篤姫
 6.川のささやき

■アンコール
 1.River Flows in You
 2.春よ、来い


また機会がありましたら、どうぞよろしくお願いします。


これで心置きなく残りシーズン楽しめる!やったー!ワールド、楽しみです!




posted by dawa at 22:59| ピアノライブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月28日

フィギュアスケートミュージックピアノライブ2019

【dawa's blog presents Figure Skating Music PIANO LIVE Vol.14〜さいたまワールド直前SP〜】

●日時
2019/3/3(日)
13:00開場/13:30開演

●場所
四谷天窓comfort(JR高田馬場駅徒歩3分)
http://otonami.com/com_access

●料金
2,000円(全席自由)
※別途ドリンクチャージ(600円)がかかります。
※お支払いは当日受付にて

●ご予約受付
2019/2/2(土)10:00より
こちらのWEBフォームにて受付(先着順)
https://ws.formzu.net/fgen/S44510254/


●演奏予定曲
シェルタリング・スカイ/月の光/ピアノ協奏曲「宿命」/月光/ジムノペティ/ピアノレッスン/カルメン/オペラ座の怪人/小雀に捧げる歌/Otonal〜秋に寄せて〜/サムソンとデリラ/川のささやき/篤姫/羊蹄のまつり/海賊〜パキータ/恋人たちのロンド/シェヘラザード 他

※曲目は変更する可能性があります。随時お知らせします。




●よくある質問

Q.ひとりでもダイジョウブですか?ちょっと不安・・
A.おひとりさまの方のほうが多いです!

Q.申し込んだあと、振込とか手続きしなきゃいけないの?
A.お支払いはすべて当日、受付で行っています。特に振込などの手続きはありません。

Q.申し込みしたあと、都合で行けなくなったらどうすればいいですか?料金発生しますか?
A.専用フォームからキャンセルできます。キャンセル料などは一切発生しません。

Q.当日、受付確認メールをプリントとかして持っていく必要はありますか?
A.ありません。当日受付でお申込み名をおっしゃっていただくだけでOKです。

Q.人数変更したい
A.dawa666666@yahoo.co.jpまでメールを頂ければ大丈夫です。

Q.立ち見はありますか?
A.ありません。全席自由で、お座り頂けます。

Q.小学生でも入場できますか?
A.入場できます。ただし、未就学児の方の入場はお断りさせて頂いております。

Q.選手が使ってる構成通りに演奏するのですか?
A.する曲もあるし、しない曲もあります。

Q.リクエスト曲はすべて採用されますか?
A.そうさせていただきたいのはやまやまなのですが、お応えできない場合もあります。

Q.演奏時間はどれくらいですか?
A.約1時間40分を予定しています。2部構成で、前半と後半の間に10分ほどの休憩がございます。

Q.いままで過去にどんなライブをやってきたのですか?
A.

■2008/2/24
Figure skating Music PIANO LIVE Vol.1
@恵比寿麦酒記念館
you raise me up/「トゥーランドット」より誰も寝てはならぬ /ノクターン第2番変ホ短調Op9-2/津軽海峡冬景色/チャルダッシュ/戦場のメリークリスマス/ロミオとジュリエット/カンシオン・トリステ/幻想即興曲/ガブリエルのオーボエ/カノン/タイスの瞑想曲/A CLASSICAL ROCK/オペラ座の怪人/シェルブールの雨傘/Otonal〜秋に寄せて〜/「白鳥の湖」より黒鳥のグラン・パ・ド・ドゥ アダージョ/月光/浜辺の歌/愛の讃歌/別れの曲

■2009/1/15
Figure skating Music PIANO LIVE Vol.2
@名曲喫茶ミニヨン
you raise me up/ノクターン第2番変ホ短調Op9-2/チャルダッシュ/バイオリンと管弦楽のためのファンタジア/幻想即興曲/月の光/仮面舞踏会/黒い瞳/POR UNA CABEZA/ジェラシー/Otonal〜秋に寄せて〜/春の海/ある日どこかで/スーパーマリオブラザーズのテーマ/アランフェス協奏曲/シェヘラザード/ガブリエルのオーボエ/「白鳥の湖」より黒鳥のグラン・パ・ド・ドゥ アダージョ/マラゲーニャ/「トゥーランドット」より誰も寝てはならぬ /白鳥/アイ・ガット・リズム


■2009/10/10
Figure skating Music PIANO LIVE Vol.3〜五輪シーズン開幕直前スペシャル〜
@名曲喫茶ミニヨン
You raise me up/ラプソディ・イン・ブルー/前奏曲Op.3-2 「鐘」/仮面舞踏会/月の光/幻想即興曲/バイオリンと管弦楽のためのファンタジア/風変わりな店(LA DANZA)/チャルダッシュ/POETA/rise/四季「冬」第1楽章/戦場のメリークリスマス/ロクサーヌのタンゴ/死の舞踏/ある愛の詩/「SAYURI」よりチェアマンズ・ワルツ/ジャズ・オーケストラのための第2組曲より「ワルツ」/夜想曲第20番嬰ハ短調/マラゲーニャ/ガブリエルのオーボエ/黒のラフォリア/ア・クラシカル・ロック/白鳥/定番曲メドレー〜オペラ座の怪人(All I ask of you〜Point of no return)〜「ニュー・シネマ・パラダイス」より愛のテーマ〜黒い瞳〜シェヘラザード〜ドン・キホーテ/「トゥーランドット」より誰も寝てはならぬ/ジゼル/カヴァレリア・ルスティカーナ/POR UNA CABEZA


■2010/3/7
Figure skating Music PIANO LIVE Vol.4〜オリンピック・メモリアル〜
@四谷天窓.comfort
You raise me up/チャップリン・メドレー/感傷的なワルツ/夜想曲20番嬰ハ短調/レクイエムニ短調K626「ラクリモーサ」〜「怒りの日」/ピアノ協奏曲へ長調/見果てぬ夢/「カルメン」より間奏曲/チャルダッシュ/バイオリンと管弦楽のためのファンタジア/月の光/仮面舞踏会/前奏曲Op.3-2「鐘」/LuvLetter/カプリース/「トゥーランドット」より誰も寝てはならぬ/アランフェス協奏曲/ラプソディ・イン・ブルー/白鳥/マラゲーニャ/海賊〜パキータ/オペラ座の怪人/海猿/定番曲メドレー〜シェヘラザード〜G線上のアリア〜ガブリエルのオーボエ〜パイレーツオブカリビアン〜ロミオとジュリエット〜ウエストサイド物語/道-LASTRADA-



■2010/10/17
Figure skating Music PIANO LIVE Vol.5〜グランプリシリーズ開幕直前SP!〜
@ホテルハイアットリージェンシー大阪
You raise me up〜トゥーランドット/チャップリン・メドレー/悲しみのクラウン/耳に残るは君の歌声/見果てぬ夢/感傷的なワルツ〜美しき青きドナウ/夜想曲20番嬰ハ短調/レクイエムニ短調K626「ラクリモーサ」〜「怒りの日」/ピアノ協奏曲へ長調/仮面舞踏会/前奏曲Op.3-2「鐘」/Luv Letter/カプリース/道-LASTRADA-/ジゼル/愛の夢/アメリのワルツ/Slow Dancing in the Big City/マラゲーニャ/ノクターン第2番変ホ長調Op.9-2/バラード第1番ト短調Op.23/月光〜?/海賊〜パキータ/A CLASSICAL ROCK/「馬あぶ」より「ロマンス」/定番曲メドレー〜オペラ座の怪人〜シェヘラザード〜Por una Cabeza〜アディオス・ノニーノ〜ロミオとジュリエット〜ウェストサイド物語
/ラプソディ・イン・ブルー


■2011/3/19
Figure skating Music PIANO LIVE Vol.6〜ワールド直前SP!〜
@四谷天窓.comfort
【昼の部】
前奏曲Op.3-2 「鐘」/道-LASTRADA-/Luv Letter/アメリのワルツ/オペラ座の怪人Music of the night~point of no return/ブエノスアイレスの四季/レクイエム/チャルダッシュ/POETA/タイスの瞑想曲/愛の夢/シュニトケのタンゴ/バラード/ピアノ協奏曲イ短調/スケーターお悩み相談室/ルパン3世のテーマ/エデンの東/ミッション/ガブリエルのオーボエ/ライフ・イズ・ビューティフル /町田さんに捧ぐ歌/カサブランカ/オーバー・ザ・レインボウ/チャップリン・メドレー/レイルウェイ・チルドレン/海賊〜パキータ/カプリース/月の光/感傷的なワルツ〜美しき青きドナウ
【夜の部】
ジャンピング・ジャック〜ルパン3世のテーマ/Luv Letter/アメリのワルツ/ある恋の物語/ブエノスアイレスの四季/道-LASTRADA-/チャルダッシュ/カノン/POETA/タイスの瞑想曲/愛の夢/シュニトケのタンゴ/バラード/ピアノ協奏曲イ短調/スケーターお悩み相談室/オペラ「ユノーナとアヴォーシ」より/ドンキホーテ〜アランフェス協奏曲/海賊〜パキータ/エデンの東/レクイエム・フォー・ドリーム/ライフ・イズ・ビューティフル/町田さんに捧ぐ歌/レジェンド・オブ・フォール/悲しみのクラウン/ロマンス/いつのまにか曲変わってるシリーズ〜ある愛の詩〜ニューシネマパラダイス〜仮面の男〜海猿/黒のラフォリア/千と千尋の神隠し/篤姫/前奏曲Op.3-2 「鐘」



■2011/12/3
Figure skating Music PIANO LIVE Vol.7〜ファイナル直前スペシャル!〜
@四谷天窓.comfort
rise/月の光/前奏曲Op.3-2 「鐘」/シェヘラザード/愛の夢/牧神の午後への前奏曲/G線上のアリア/ロミオとジュリエット/仮面の男/THE CRISIS/オペラ座の怪人 Music of the night〜point of no return/道-LASTRADA-/ファンタジア・フォー・ナウシカ/「トゥーランドット」より誰も寝てはならぬ/ガブリエルのオーボエ/バイオリンと管弦楽のためのファンタジア/オペラ「ユノーナとアヴォーシ」より/レディ・カリフ/オーバー・ザ・レインボウ/マイ・ウェイ/エデンの東/レジェンド・オブ・フォール /ライフ・イズ・ビューティフル/ジェラシー/Tango De Los Exiliados/eye/アランフェス協奏曲/別れの曲/3大伊藤みどりメドレー〜ピアノ協奏曲第2番第3楽章(抜粋)〜A CLASSICAL ROCK〜海賊~パキータ/川のささやき/千のMIWAになって



■2013/2/4
Figure skating Music PIANO LIVE Vol.8〜四大陸直前SP!大阪ライブ〜
@大阪キャッスルホテル Cafe KOO
ファンタジア・フォー・ナウシカ/亜麻色の髪の乙女/バイオリンと管弦楽のためのファンタジア/エレジー/愛の夢/白鳥の湖/アイ・ガット・リズム/メリー・ポピンズ/ブエノスアイレスの四季/道化師〜衣装をつけろ/道-LASTRADA-/イマジン/エデンの東/リクエスト曲メドレー〜栄光への脱出〜ロンド・カプリチオーソ〜パリの散歩道〜鐘〜Prayer for Taylor〜ラ・カリファ〜見果てぬ夢/花になれ/関西スケーター使用曲メドレー〜ロミオとジュリエット〜アダージョ〜シェルブールの雨傘〜ゴッドファーザー〜黄昏のワルツ〜篤姫/川のささやき/エクソジェネシス交響曲/千のMIWAになって


■2013/3/10
Figure skating Music PIANO LIVE Vol.9〜ワールド直前SP!〜
@四谷天窓.comfort
エクソジェネシス交響曲/亜麻色の髪の乙女/ノクターン/エレジー/愛の夢/白鳥の湖/アイ・ガット・リズム/メリー・ポピンズ/ブエノスアイレスの四季/道化師〜衣装をつけろ/道-LASTRADA-/イマジン/レ・ミゼラブルより「彼をかえして」/リクエスト曲メドレー〜ロクサーヌのタンゴ〜ノートルダム・ド・パリ〜栄光への脱出〜ロンド・カプリチオーソ〜パリの散歩道/パガニーニの主題による狂想曲/マイ・ウェイ/声に出して読みたいブログ/エデンの東/国体メドレー〜Legends of the fall〜黄昏のワルツ〜篤姫/川のささやき


■2014/3/15
Figure skating Music PIANO LIVE Vol.10〜オリンピック・メモリアル〜
@四谷天窓.comfort
ヴァイオリンのためのソナチネ/サムソンとデリラ〜あなたの声に心は開く/エレジー/愛のイエントル/シンドラーのリスト/序奏とロンドカプリチオーソ/パリの散歩道/ロミオとジュリエット/メドレー〜ノクターン第2番変ホ長調Op.9-2〜チャルダッシュ〜ヴァイオリンと管弦楽のファンタジア〜幻想即興曲〜月の光〜仮面舞踏会〜前奏曲Op.3-2「鐘」〜シュニトケのタンゴ〜愛の夢〜シェヘラザード〜愛の夢〜アイガットリズム〜白鳥の湖〜ノクターン第2番変ホ長調Op.9-2〜ピアノ協奏曲第2番/寂聴のスケート法話〜強く生きるために〜/エデンの東/白夜を行く(ドラマ「白夜行」より)/津軽海峡冬景色/篤姫/メモリー(ミュージカル「キャッツ」より)/海賊〜パキータ/イマジン/ビートルズメドレー/ I Dreamed A Dream(「レミゼラブル」より)/Rise -Ballade Version- 〜 アランフェス協奏曲/愛の讃歌/エクソジェネシス交響曲第3番/マイウェイ/道


■2015/3/15
Figure skating Music PIANO LIVE Vol.11〜上海ワールド直前SP!〜
@四谷天窓.comfort
ライストがうごかない/オペラ座の怪人メドレー〜angel of the music〜Think of me〜All I ask of you〜point of no return〜Music of the night/アナと雪の女王/四季-冬-/ブエノスアイレスの冬/吹雪/津軽海峡冬景色/アナと雪の女王/カルーゾ/黄昏のワルツ/鐘/オネスティ/ガブリエルのオーボエ/タイスの瞑想曲/マダム・バタフライ/バラード第1番ト短調Op.23/寂聴のスケート法話〜強く生きるために〜/極北メドレー〜レジェンド・オブ・フォール〜エデンの東〜火の鳥〜白夜を行く(ドラマ「白夜行」より)〜ヴァイオリンと管弦楽のファンタジア〜交響曲第九〜ジュ・トゥ・ヴー/高橋大輔メドレー〜キッシング・ユー〜Luv Letter〜ある恋の物語〜ヴァイオリンのためのソナチネ〜ビートルズ・メドレー〜道-LA STRADA-/愛の讃歌/愛の夢


■2016/3/13
Figure skating Music PIANO LIVE Vol.12〜ワールド直前SP!〜
@四谷天窓.comfort
マック・ザ・ナイフ/映画音楽名曲メドレー〜ニュー・シネマ・パラダイス〜ピアノ・レッスン〜ロミオとジュリエット〜愛のテーマ〜Kissing you〜ドクトル・ジバゴ〜LET IT GO〜タイタニック〜愛のテーマ〜ライフ・イズ・ビューティフル〜ライムライト〜道-LA STRADA-/イマジン〜SAYURI/「蝶々夫人」よりある晴れた日に/ジュピター/マラゲーニャ/ピアノ協奏曲ー宿命ー/フィギュアスケート研究発表〜極北の大地における吹雪のアルゴリズムとヒューリスティック分析〜/白夜を行く/エデンの東/ファイアーダンス/ピアノ協奏曲23番イ長調K.488 第2楽章/1989年パリの世界選手権の伊藤みどりさんのフリーの曲/仮面舞踏会/「トゥーランドット」より誰も寝てはならぬ/Io ci saroこれからも僕はいるよ/オペラ座の怪人/わたしのお父さん/黄昏のワルツ/ラ・ボエーム


■2018/3/18
Figure skating Music PIANO LIVE Vol.13〜オリンピック・メモリアル〜
@四谷天窓.comfort
Opening〜アリーナ席なのに/River Flows in You/ノクターン第20番 遺作/月光/牧神の午後への前奏曲/The Giving/道 LA STRADA/四季ー冬ー/トゥーランドット/落選は落選〜今シーズンすべてチケット落選した人の歌〜/蝶々夫人/Hope & Legacy/フィギュアスケート研究発表〜ネイサンの髪型について/ラ・ラ・ランド/Krone/ヴァイオリンのためのソナチネ/アメリ/声に出して読みたいブログリターンズ/エデンの東/白夜行/To Build A Home/Fix You/Ti Amero/Say Something/ハレルヤ/エクソジェネシス交響曲/星降る夜(白鳥)/ライフ・イズ・ビューティフル/See You Again



Q.dawaさんのプロフィールは?
A.http://dawa.seesaa.net/article/125343160.html




posted by dawa at 20:00| ピアノライブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月15日

艦これ on ICEに行ってきました

「艦これ」というのが、何なのか全然知りませんでした。



出演者として事前に名前があったのは
伊藤みどり、無良崇人、澤山璃奈、
あと声優の人たちの名前だけ。


そもそも、アニメとかゲームにほぼ無縁で生きてきたダワワ。
ジブリと君の名はくらいしかわかりません。

艦これって何?ゲーム?アニメ?
どうやってアイスショーを成り立たせるの?
海?氷?タイタニック??

と、全然予測がつきませんでした。



なので勝手に自分の中でもくもくと膨らませていたイメージとしては


・なんか、でっかい船とかがリンクの中に鎮座とかして!

・その船が戦ったり、大砲とか撃ったり!

・その船の上とかで声優さんとかが歌ったり踊ったり!

・船のまわりをぐるぐるみどりさんとかが滑ったり!



(とか 多すぎ)

そんな、ファンイベントみたいな感じかなぁ?
と適当に思っていました



でも全然違った!



会場に入って実際にあったのは、小さめのリンク。(船なんてなかった)

そしてショーが始まって、登場したのが、
艦これにでてくる各々のキャラクターに扮した、20人くらいのスケーターでした。


アイスショーの前日。
ダワは、「艦これ」についてちょっとは予習していかなきゃ!と思い、
艦これwikiとか見てたのですが、

(一部。艦これwikiより)
2018-07-15_114237.jpg
2018-07-15_114252.jpg
2018-07-15_114303.jpg
2018-07-15_114313.jpg
2018-07-15_114324.jpg
2018-07-15_114336.jpg
2018-07-15_114347.jpg



キャラ、多すぎぃぃ!!


多すぎぃぃぃぃ!!



ダワ、3秒で挫折!!





案の定、キャラクターに扮したスケーターさんたちが次々とリンクに出てきて、

いや、わかんないし.....

と正直思っていました。


で、キャラクターに扮したスケーターさんたちは、エキストラ的な感じで、
みどりさんとかムラくんとかがメインでガッツリ滑るのかな、と思ってたら、


そのキャラクターに扮した20人くらいのスケーターの皆さん+ちびっこスケーターたち、
前半後半(それぞれ40分くらい)ほとんど出ずっぱりで、
生弦楽や和太鼓、声優さんたちのナレーションなどとともに、
いろんなパフォーマンスを繰り広げてたのです。
(伊藤みどり、無良崇人、澤山璃奈のお三人は、要所要所に出てきて、ガッツリ盛り上げてしっかり締める感じ。さすが)

そして、見ていくうちに、あれ?あの子、見たことある?
あ、あの子も見たことあるわ、神宮の子じゃん?シンクロだっけ?前貸し切りにいたような?!?

と。


「名前よく知らないけど、どっかで見たことある子」たちが、活き活きとメインで、何千人もの観客の前でパフォーマンスをしている。楽しそう。それを見ているうちに、ダワはなんかすごく胸にジン、ときてしまったのです。そして、あれ、めっちゃ練習大変だったんだろうな、と。あの長さであのフォーメーションは、相当練習しないと覚えられなかったと思う。


そう、このアイスショーの主役は、その20人くらいのスケーターのみなさんだったのですね!


ダワがグっと来たのは、そこだったのです。



スケートの世界は、なんとかオンアイスとかに出たり、
ショーに出て滑ったりできるスケーターは、
全日本上位とかワールドメダリストとか、
ほんのひとにぎりだけで。


でも、日本にはいっぱいいるんですよね。スケーターって。


小さいころからスケートを習って、毎日練習して、
リンクで楽しく、時には泣きながら、練習しているスケーターが。たくさん。
同じ氷の上にいても、お気楽&いい加減な大人スケーターのダワとは違って、本当に大変な世界にみんないるんだな...と実感することが多々あります。


一生懸命フィギュアスケートをがんばってきて、
氷上で「素敵なこと」をできる人たちが輝く場所、
なにか、今まで自分が取り組んできたことを活かせる、
パフォーマンスできる場所がもっとあるといいなと、

下世話な話かもしれませんが「お金を払う」のではなくて
「お金を稼ぐ」場所がちょっとでも増えればいいのに、


と、思っていました(それが難しいことなのは十分わかっていた。)



しかし!なんと、そんな場所がココにあったんですよね!とても斬新なカタチで。


スケーターは自分がやってきたことを活かせる場所があって(ギャラも発生して)
艦これファンはゲームの世界をリアルに感じて楽しむことができて、
運営はイベントでお金を儲けて(利益出てるのかは不明。出ててほしいw)
winwinwinな世界。


何かが報われる瞬間を見ることができるって、やっぱり、いいな、と胸が熱くなりました。



正直言うとダワは、萌えとかアニメとか、猫なでボイス的なものには、
ちょっと距離を置いてしまうタイプです。
それでも、やっぱり、このアイスショーはすごくよかった。
それはやっぱり、このショーが「今までにないもの」だったからです。

終演したときは、「なんか、よくわからない部分もあったけど、とにかく新しいものを見た!」という確かな喜びがありました。

「今までにないもの」を作るには、
「今までにないものを作ろう!」という相当な気概がないと、できないはずです。
パイオニア精神。やってやる!!みたいな気持ちがないと。

「今までにないものを」という思いでこのイベントを企画して(2年か3年ごしの計画だったそう)、実行した運営陣のみなさん、シンプルにすごいと思いました。
感動しました。

そして、いつだって新しいことをやりたい、誰もやったことがないことをやりたい、というパイオニア精神でもっていろんな偉業を成し遂げてきたみどりさんも、そういう思いに共感するところもあったんじゃないかな?とも思いました。
(あとで聞いたら、まあ、いろんな別の理由もあったらしい笑)


よくわからない世界にとびこんでしまうかも....と不安な気持ちで訪れた幕張の地でしたが、
とても軽い足取りで、帰ることができました。


kkr.jpg


そしてダワ、登録しちゃったしwww 弱www






こういうイベントが、これからも、何らかのカタチで続いていくことを願います!









posted by dawa at 20:00| スケート小ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする