2009年01月27日

理想の放送について考えてみる

こんにちは。スケートファンにとっては全米とユーロが重なるというとんでもない週末が終わりましたね。僕も土曜夜からユーロ女子、日曜朝9時から全米女子、そのあと3時間ピアノ練して、18時から全米男子ショート、そして朝4時起きで全米男子フリーという日々を過ごしました。眠い・・・。

ユーロや全米はJ-sports plusを契約してライブ放送を楽しんだのですが、やっぱりライブ放送は素晴らしい!(小林千鶴さんも素晴らしいです)。ドキドキ感がたまらないですよね。全米とかユーロとか下位の選手が意外におもしろかったりして、全日本もそうだったなとか思い出したりしました。どうしてフジテレビは全日本選手権をライブ放送しないんだろうか?地上波は無理だとしても、フジテレビ721+739っての持ってんだから、数週間後にBSで中途半端に放送するよりも、CSで全選手ライブ放送とかすればいいのにねぇ。ライブ放送するなら有料でもCS契約するっていう人、これほどのスケートブームだと1万人くらいはいると思うんだけどなぁ。そんないないか。でもたとえ5000人だったとしても、5000×1000円で500万ですよ!なんてビジネスチャンス!しかもフジテレビの好感度も上がるだろうに(スケートファン限定で)。地上波放送の視聴率が落ちるからダメなのかな?まあ、何か費用対効果の面で理由があるのでしょうか。んでもって日本ってこんだけフィギュアスケートのレベルが高い(ユーロとか全米に全然ひけを取らない)んだし、海外のスケートファンにも需要はあるだろうから、全米選手権みたいに海外へライブ配信とかやったりしてもビジネスになると思うんだけどなぁ。よくわからんが。

アメリカのicenetworkはたった29.95ドルで、グランプリシリーズ、国内選手権(ブロック大会含む)、ユーロ、四大陸、ジュニアワールド、ワールドまでネット配信だって。思わず申し込みしそうになったが日本だと見られないらしくて残念。日本にもこんなサービスあればいいのにな〜とつくづく思いました。


posted by dawa at 01:29| フィギュアスケート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。