2009年10月15日

織田信成、パリ観光中迷子に

ppj2m.jpg
「はじめてのパリだよ!せっかくだから観光しよう!」


louvre.jpg
「ルーブル美術館だ〜。試合終わったらゆっくり来たいな〜」


eff.jpg
「これがエッフェル塔か〜。ライトアップされててキレイだな〜」


ppj2m.jpg
「明日にそなえて、そろそろ帰ろう!!」


hachiokoto.jpg
「ノブナリー!ノブナリー!」


ppj2m.jpg
「あ、プレオベールさんだ!何してるんですかこんなところで!?」


hachiotoko.jpg
「ノブナリ逃げろー!ハチの大群がくるぞー!!」


20070728-00000021-nks-spo-thum-000.jpg
「えーーー!?!」


hachiotoko.jpg
「ここは俺に任せてー!早く逃げてー!」


crycry.jpg
「こわいよー!!うわ〜ん!!!!」


ということでノブナリくん、その場から一目散に逃げ出したため、道がわからなくなり、迷子になってしまったというウワサ。でもその後、フランス人女性に地下鉄駅まで案内してもらい、切符も買ってもらって宿舎へ戻ったそう。何事もなくて、よかったですね。




☆参考画像

我に返ったプレオベールさん

onjin.jpg
「てゆうか、オレがハチじゃね?」


posted by dawa at 23:52| フィギュアスケート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月12日

ライブリポート

7時開演

すぐり玉とともに入場、一番前のお客さんにすぐり玉を渡しかけて渡さない。


You raise me up (→OK)
ラプソディ・イン・ブルー (→まぁまぁ。ラストでガッツポーズスピン)


MC「みなさん、ようこそdawa's blog presents Figure Skating Music Collection PIANO LIVE Vol.3におこしくださいました。みんな来てくれてありがとー!いつもは年に1回くらいのペースでやれればいいなと思ってるんですが、今回はオリンピックシーズンということで、シーズン開幕直前のこの時期に開催させていただきました。いつもどおり、いろんな曲をたくさん弾いていきますので、それぞれみなさん、好きな選手いらっしゃると思うんですが、選手の演技を思い浮かべながら聞いていただければなと思います。まず最初は、浅田真央選手、前回のライブではノクターンから仮面舞踏会まで6曲連続っていうのをやりましたが、今回は先日ジャパンオープンでも披露されました最新の「鐘」からだんだんさかのぼっていく形で、7曲続けてお送りします。」


前奏曲Op.3-2 「鐘」 (→ここでちょっとトチった)
仮面舞踏会 (→OK)
月の光  (→完璧。)
幻想即興曲 (→OK。意外にイケた)
バイオリンと管弦楽のためのファンタジア (→OK)
風変わりな店(LA DANZA) (→ペダルの踏み方を間違えた)
チャルダッシュ (→OK)


MC「今回のライブはリクエスト大会にしたいなと思い、ブログの方でみなさんに投票していただきました。その中からベスト10に入った曲を順番に弾いていきたいと思います。10位がさきほどのチャルダッシュ、9位がしまうま復帰記念『四季』、スケートファンじゃないとなんのこっちゃわからないですね。しまうま?復帰?て。8位が安藤美姫選手が使っていた戦場のメリークリスマス、7位がロクサーヌのタンゴ、高橋大輔選手やユナキム選手が使ってました、6位が死の舞踏、先シーズンユナキム選手、素晴らしい演技でしたね。5位がある愛の詩、川口ペアやカッペちゃんが使ってた曲です。4位がなまにくポエタなんですが、あれはちょっとフラメンコで同じくりかえしなんで、ピアノで再現するのはちょっと難しいんですよね」


POETA(ちょっとだけ)


MC「ジュベールが先シーズン使ってた「rise」も同じようなところがありまして」


rise(ちょっとだけ)


MC「って感じでしょうか。それでは、四季からある愛の詩まで、5曲続けてお送りします。」



四季「冬」第1楽章 (→うーん)
戦場のメリークリスマス (→OK)
ロクサーヌのタンゴ (→OK)
死の舞踏 (→4小節くらい抜けてしまった。最初と最後で顔芸)
ある愛の詩 (→OK)


MC「ええ、ベスト10に入らなかった曲の中でもこれ弾いてみたいなという曲がたくさんありまして、その中から4曲、まずは(ここでコンタクトの調子がおかしくなったことがわかったが、とりあえず続行)先シーズン安藤選手がショートプログラムで使用したSAYURI、そしてアイスダンスの世界チャンピオン、ドムニナ&シャバリン組が使っていたジャズ・オーケストラのための第2組曲より「ワルツ」、そして今シーズン、コストナー選手が使う夜想曲第20番嬰ハ短調、サーシャコーエン選手やクリスティヤマグチ選手が使用していた定番曲、マラゲーニャ、4曲続けてお送りします。」



「SAYURI」よりチェアマンズ・ワルツ (途中でコンタクトレンズが目からこぼれおちてしまい、演奏中断、はめ直した。)
ジャズ・オーケストラのための第2組曲より「ワルツ」 (→ペダルの踏み方を間違えた)
夜想曲第20番嬰ハ短調 (→まあまあ)
マラゲーニャ (→これはちょっと・・・)


MC「ありがとうございます。それではベスト3なのですが、3位すぐりのジャマジャマを歌付きで、これ、リクエストされた方いらっしゃるんでしょうか。2位がガブリエルのオーボエ、1位が、このうちわでおなじみ、おなじみってことはないですね、黒のラフォリアです。3位の「すぐりのジャマジャマを歌付きで」なんですが、普通に歌ってもおもしろくないな、どうしようかな、って考えたときに、僕、清水ミチコさんがすごく好きなんですけど、清水さんのネタに「くだらない曲をものすごく真剣に歌う」っていうのがあるんですね。たとえば♪伊東にいくならハトヤ〜って曲があるじゃないですか。アレを真剣に、心を込めてこんなふうに歌うんです。


ハトヤCMソング弾き語りで熱唱


MC「はい、ということで同じような感じで、すぐりのジャマジャマを真剣に、熱唱してみたいと思います。」


すぐりのジャマジャマを歌付きで (→ウケた。よかった。)
ガブリエルのオーボエ (→OK)
黒のラフォリア (→OK)


MC「先日、福岡で大会に、マスターズの大会に出場してきまして、なんと優勝してしまいました(拍手)。でも、30代男子の部は出場者2人だったんですけどね(笑)。でも、試合とか出たのははじめてだったんで、こんなにテンパるかってくらい緊張しました。後半なんて酸欠になって、ジャンプも全部スリージャンプになっちゃって。もちろんいつも選手のすごさっていうのは頭ではわかってるんですが、試合を経験してみて、それを体で知ったというか、選手のすごさを改めて体感したという感じです。だからホントにいわゆる神演技ってよばれるものってホントにすごいんだなぁ、と改めて思いました。いい経験でした。
神演技といえば、いつもお世話になっている動画宮殿Fさんというサイトで4月からdawaの神演技講座っていうのを週1回くらいで書いてまして、その中から、第1回でご紹介した伊藤みどりさんの世界選手権で優勝したときの曲、「アクラシカルロック」、そして第2回でご紹介したオクサナバイウル選手のエキシビの曲、「白鳥」、2曲続けてお送りします。


ア・クラシカル・ロック (→OK)
白鳥 (→OK)

定番曲メドレー  (→OK)
 ・オペラ座の怪人(All I ask of you/Point of no return)
 ・「ニュー・シネマ・パラダイス」より愛のテーマ
 ・黒い瞳
 ・シェヘラザード
 ・ドン・キホーテ



MC「ありがとうございます。いよいよオリンピックシーズン開幕です。毎シーズンそうですが、きっと思いも寄らないようなことが起こると思います。でも、どんな状況になっても、どの選手も分け隔てなく応援していきたいなと思います。まあ、でも、うちのブログはちょっと応援の仕方が特殊なんですけどね(笑)。それでは最後は、やっぱり縁起のいい曲で締めたいと思いまして、3年前、トリノ五輪で荒川選手が金メダルを取ったときの曲、トゥーランドットをお送りします。」


「トゥーランドット」より誰も寝てはならぬ (→完璧。)


アンコール


ジゼル


アンコール2


カヴァレリア・ルスティカーナ
POR UNA CABEZA



8;40終了
posted by dawa at 00:37| ピアノライブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。