2010年05月22日

萎えの人まとめ

萎えの人、メンタルコーチだと思い込んでたのですが、どうやら違ったようです。以下、twitterで皆様から萎えの人情報を頂きました。


naenohito.png

名前:エドワルド・デ・ベルネルディス/Edoardo De Bernardis

出身:ピエモンテ

年齢:不詳

経歴:元スケーター。ファッシ氏に師事。社会学の学士、ISU公認国際テクニカル・スペシャリストの資格、トレーナーレベル2という資格を持っている。

所属;Ice club Torino。今までには男子シングルのカレル・ゼレンカ、ペアのザンフローリン/デリ・エスポスティ(元ローラーフィギュアペアのチャンピオンね)をコーチ。また振付師としても活躍。

萎え写真いろいろ
http://www.iceclubtorino.it/ice_club_torino_000006.htm
posted by dawa at 22:13| フィギュアスケート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月19日

第3回dawa's blogフィギュアスケートアワード 投票が始まりました!

さて、マスターズも終わってやっとシーズンが終わったような心持ちでいる今日この頃。dawa's blogでは、今年も独自のフィギュアスケートアワードを開催します!本家本元のニフティさんは更新が止まったまんまですがどうしたのでしょうか?まあ、たぶんあったとしても、

 ●フィギュアスケーター・オブ・ザ・イヤー →大輔か真央
 ●ジュニアスケーター・オブ・ザ・イヤー  →羽生かカナコ   
 ●プログラム・オブ・ザ・イヤー      →道
 ●コスチューム・オブ・ザ・イヤー     →安藤先生
 ●コーチ・オブ・ザ・イヤー        →歌子センセ

みたいになると思うんですが。しかしここは独自の道をぐんぐん突き進むdawa's blogフィギュアスケートアワード。今年はどうなるでしょうか?ちなみに去年の記事はこちら、第1回の記事はこちらです。今年の部門は5つ!


☆キス&クライ・オブ・ザ・イヤー☆
  印象的なキス&クライを表彰します。

☆おもろコスチューム・オブ・ザ・イヤー☆
  印象的な衣装だった選手を表彰します。

☆コリオグラフィー・オブ・ザ・イヤー☆
  印象的な振り付けがあった選手を表彰します。

☆ニューカマー・オブ・ザ・イヤー☆
  印象に残った新星を表彰します。

☆つぶやき・オブ・ザ・イヤー☆
  印象的なつぶやきを残した方々を表彰します。


ノミネートは以下の通りです。皆様ふるってご投票ください。
※投票は終了いたしました

-------------------------------------------------------------------------------------------

第3回dawa's blogフィギュアスケートアワード

-------------------------------------------------------------------------------------------


☆キス&クライ・オブ・ザ・イヤー



ノミネートその1 ジョニー・ウィアーさん

kiminibarabaratoiukanji.jpg

君に薔薇薔薇・・・という感じ(古い)。雑誌Numberにも女性陣に交じって「美しきアスリート」と紹介されました。



ノミネートその2 鈴木明子さん

kanakoganba.jpg

自分の得点が出た直後なのに、後輩に「カナコガンバー!」とエールを送るという素晴らしい姿勢。カナコさんもそのエールに応えて思わずくすくすカニ歩きを披露しました。

kusukusu.jpg
くすくすカニ歩き(byアンクロサイペディア)



ノミネートその3 シュルタイスのコーチ

sutekinatebukuro.jpg

スウェーデンとカナダの手袋で喜びを表現。相変わらずクールなシュルタイスとの温度差もよかったです。

※投票は終了いたしました


-------------------------------------------------------------------------------------------


☆おもろコスチューム・オブ・ザ・イヤー



ノミネートその1 ライサの全米の時の灰色のやつ

haisa.jpg

全米の時だけ披露した謎の灰色衣装。肩に絡まってる黒いぐるぐるも謎でした。



ノミネートその2 安藤美姫さん

tigermiki.jpg

ラムちゃん?クレオパ虎?とにかく謎が残るおもろコスチュームでした。



ノミネートその3 ヤナ・ホフロワさんの火の鳥

hihihihinotori.png

美しいのにどこかおもしろい、不思議な衣装でした。



ノミネートその4 ドミトリエフさん

kowaiisho.jpg

「衣装に女性の顔」はロシアの伝統なのかもしれません。(第1回にもスミルノフさんが同じような衣装でノミネート)


※投票は終了いたしました



-------------------------------------------------------------------------------------------


☆ニューカマー・オブ・ザ・イヤー



ノミネートその1 プリンセステンコーみたいな子

tenkomitainako.jpg

ジュニアのペアチャンピオン。もしも「プリンセステンコー物語」が制作されたら、絶対に子ども時代の役をすべきです。



ノミネートその2 ミック・ジャガーみたいな子

nidaimepureo.jpgnidaimepureo2.jpg

彼は2代目プレオベールを名乗るべき。コーチもロックミュージシャンみたいでイカシてます。



ノミネートその3 べらんめぇ成美

kiitemasenndesita.jpg

NHK杯で「聞いてませんでしたぁ!」「失敗しちまいましたぁ」となぜかハキハキとべらんめぇ口調でインタビューに答える成美さん。演技よりもこのインタビューでファンを100倍くらい増やしました。



ノミネートその4 萎えの人

naenohito.png

世界選手権で突然あらわれて、見事にコストナーさんを支えました。けんか弱そうです。萎え。

※投票は終了いたしました



-------------------------------------------------------------------------------------------


☆コレオグラフィー・オブ・ザ・イヤー



ノミネートその1 レイチェル・フラットさん

hirahirar.jpg

ショートプログラムのこの、「暑い、暑いわぁん〜」っていう振り付け。もうすぐ夏なのでみなさん、マネしましょうネ!



ノミネートその2 シンシア・ファヌフさんの「なんか手についてもうた」

fanuu7.png

僕も自分のプログラムで、この振り付けをやらせていただきました。気持ちよかった。



ノミネートその3 アリョーナ・レオノワさん

wakiwakiko.jpg

スパイラルでのニコニコワキワキ。見てるだけで楽しくなりました。


※投票は終了いたしました



-------------------------------------------------------------------------------------------


☆つぶやき・オブ・ザ・イヤー



ノミネートその1 ジェレミー・アボットさんのtwitter

tubuyakicyudok.png

五輪代表を決める大切な全米選手権の直前にもつぶやいていて、それを見たみんなから「まだつぶやいてるw」「もう寝ろ!」とか書かれまくってたのが思い出に残っています。



ノミネートその2 小塚崇彦さんの「デニス〜がんばれ〜」

denisganbare.jpg

絶対にデニスには届かないか細い声(しかも日本語)で「デニス〜がんばれ〜」とつぶやいた小塚さん。そのいい人っぷりをここに讃えます。



ノミネートその3 西岡アナの「降りてくれ」

oritekure.jpg

高橋選手が中盤のトリプルアクセルに挑む直前、祈るように「降りてくれ!」と固くつぶやいた西岡アナ。これはいいシーンでした。

※投票は終了いたしました




すべての投票締め切りは1ヶ月後の6月18日!投票結果や皆様からのコメントは6月下旬に発表します。ノミネートされてないけど自分はコレだな〜というのがあれば「その他」を選択して、コメント欄に自由に記入して下さいね。

そして今回は!毎回「ナイスコメント賞」を発表してますが、今回ナイスコメント賞に選ばれた方には、3月のライブ限定で配布したdawa's blog magazine(PDF版)をプレゼント!楽しいコメントをお待ちしています。

ちょっとさみしいオフシーズン、DVDなどを見返しながら、09-10シーズンをじっくり振り返り、ふるって投票にご参加ください!!
posted by dawa at 02:07| フィギュアスケートアワード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月17日

ほろ苦いデビュー

さて、出場してきました。結果は6位。6月6日生まれの僕が6位。twitterにも書きましたが、恐ろしい思いを、小さいミスがまたミスをよんで雪だるま式に大きいミスになって、しまいには何もかもわからなくなる体験をしました。以下、実況



最初のライサひらひらポーズ



ふりかえろうとしたところでバランスをくずしかける(←普通のターンでつまづくなんてあり得ない。ここで動揺開始)



ジョニーのポーズ



真央のポーズ



リンク半周



フリップ(←全然高さが出なくて、でもなんとか着氷。動揺高まる)



ファヌフポーズ



スリージャンプ×2、バランスを崩す(←スリージャンプで失敗なんてあり得ない。さらに動揺高まる)



曲がピンクレディのカルメンに変わって、ストレートラインに入るためにリンクの端に着いたとたん、転倒!


ここで完全に真っ白になりました。氷も白いし(関係ない)。何も聞こえなくなりました。




SlSt(←ターンがほとんど入らない、その上バランスを崩しかける。自分が何をやってるのかもう制御不能)



スパイラル(←ろくに足あがらず)


これ以降記憶がないです。曲が終わって自分がリンクのどこを向いてるのか全くわからなくて、なんとかジャッジ席をさがして、挨拶。
僕はもうこんな状態↓
konnan.png






あっという間に終わってしまいました・・・(by真央の声で)






リンクからあがって靴を脱いで、すぐに控え室に戻って顔を覆ったね。情けなくてね。キス&クライのクライのほうね。ホントに、こんなに何もできなくなるものかと。スケートって、一度崩れると立て直すのがどれだけ大変なのかと。コストナーさんの気持ちが痛いほどわかりました。僕もメンタルコーチ(萎えの人)が欲しい。


naenohito.png
萎えの人(コストナーさんのメンタルコーチ)



控え室で思わず先輩に涙目で「こんなに何にもできなくなるものですか」と話したら、「できなくなるものです」と。そしてせんべいメダルを頂きました。うれしい。

getmedal.png



そのあと、客席でいろんな先輩方の演技を見ていて、やっぱりアクセルとシット&キャメルスピンはやらないとな、と思いました。大人スケーターはそこ(アクセルとスピン)が大きな壁なんですよね。でもやらないと。



スケートをはじめて4年で、初めて出場して6位。今後の目標は「アクセルもスピンもちゃんと入れて、4年後に3位内に入ること」にします。もちろん、基本路線はネタプロなのは変えない(次考えてるのは、ハチャトゥリアンの仮面舞踏会→少年隊の仮面舞踏会)。スケートとピアノの両立って大変なので、もうスケートの大会は1回出たらいいかな、なんて思ってたのですが、このまま終わるわけにはいかないので、続けます。頑張ります。見に来て下さった方、声援を下さった方、どうもありがとうございました。ホントすんません。


いや〜、選手ってホントすごいんだな。すごいすごい。
posted by dawa at 01:16| コンペティション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする