2010年11月30日

【投票企画】グランプリシリーズ ベストドレッサー賞

dawauchijyunko2.JPG
ごきげんよう。

dawauchijyunko2.JPG
わたくし、しばらくのご無沙汰の間にファッション評論家に転職いたしました。

dawauchijyunko2.JPG
グランプリシリーズ6戦が終わった今日この頃でございますが、わたくしのセンス、わたくしのセンス(大切な事なので2回言いました)でセレクトした、フィギュアスケートグランプリシリーズベストドレッサー賞をこの場をお借りして発表したいと思います。

dawauchijyunko2.JPG
ということで、dawaのファッション通信、グランプリファイナルに進出したのは以下の6名でございます。



☆ファイナル進出者 その1 ファビュエル・フェルナンデスさん

nom1.jpg


dawauchijyunko2.JPG
まるでよしもと新喜劇の全身黄緑色の人が着てそうな黄緑色のシャツ、そして青の上着、きわめつけはピンクのでっかいおリボンという見事な3原色の配置がとても素晴らしい限りでございます。そして、この衣装を着る事を拒否しなかったという冒険心をたたえ、今回ベストドレッサー賞にノミネートさせていただきました。



☆ファイナル進出者 その2 ソニア・ラフエンテさん

nom2.jpg

dawauchijyunko2.JPG
赤い衣装の上に纏ったお世辞にもキレイとは言い難い灰色の布、果たしてそれは必要なのか。なくてもよかった、いや、ない方がよかったんじゃないか。きっと誰もがそう思うことでしょう。しかしこの灰色の部分は、ジュニアからシニアへ移行し、今までの殻を脱ぎ捨てようともがき苦しみ続ける彼女の姿を狂おしいほどに表現しているのです。その苦闘をたたえ、ベストドレッサー賞にノミネートさせていただきました。



☆ファイナル進出者 その3 ブライアン・ジュベールさん

nom6.jpg

dawauchijyunko2.JPG
ウロコのような不思議な模様の羅列におなじみのメッシュという組み合わせに度肝を抜かれた方も多いかもしれません。しかし、みなさんご存知ないかもしれませんが、中島みゆきさんはフランスでもとても人気があり、パトリシア・カースというフランスの人気歌手も中島みゆきさんから「かもめの歌」という曲を提供されています。そしてジュベールさんも中島みゆきさんのファンなのです。中島みゆきさんの「ファイト!」という曲に、以下のような歌詞がある事をご存知でしょうか。


 暗い水の流れに打たれながら魚たちのぼってゆく 
 光ってるのは傷ついて はがれかけた鱗が揺れるから
 いっそ水の流れに身を任せ 流れ落ちてしまえば楽なのにね 
 やせこけて そんなにやせこけて 魚たちのぼってゆく
 勝つか負けるかそれはわからない 
 それでもとにかく闘いの出場通知を抱きしめて 
 あいつは海になりました


いやいや、海になられてしまっては困るのですが、このウロコのような模様がキラキラと光るこの衣装はまさにこの「ファイト!」の歌詞を体現していたのです。母国でひどいバッシングにあおうとも4回転に挑戦し続け、闘いつづけるジュベールさんを讃える意味で、今回ベストドレッサー賞にノミネートさせていただきました。



☆ファイナル進出者 その4 アリョーナ・レオノワさん

nom4.jpg

dawauchijyunko2.JPG
みなさんは♪安さ爆発さくらや〜というCMのキャッチフレーズを覚えているでしょうか。このレオノワさんの衣装のショッキングピンクは、今はもうなくなってしまいましたが、さくらやを表現しています。昨年グランプリファイナルで来日した際、さくらやの爆発するような安さ(それも閉店セールだったからなのですが・・・)に彼女自身、とても感銘を受けていたという情報があり、きっとその安さを今シーズン衣装で表現したかったのでしょう。ふたたびレオノワさんが日本を訪れた際、さくらやの閉店にショックをうけないか、僭越ながら心配でございます・・



☆ファイナル進出者 その5 アントン・コバレフスキーさん

nom5.jpg

dawauchijyunko2.JPG
♪の衣装は、タチアナ・タラソワの専売特許であり、何人もタチアナ・タラソワの許可なく♪の衣装を着る事はできません。もし許可なしに♪を着てしまうと、タチアナ・タラソワが痩せ細って世界を恐怖に陥れるという言い伝えもあるほどです。コバレフスキーさんは長年スケート界にいながらそれを知らなかったようです!おー怖。そのこわい物知らずの勇気を称え、ベストドレッサー賞を贈ります。南無阿弥陀仏南無阿弥陀仏



☆ファイナル進出者 その6 フミエ・スグリさん

nom3.jpg

dawauchijyunko2.JPG
前衛の魅力、それは万人に理解されなくとも、恐ろしいほどのパワーを持ち、人々の心の奥深き部分に訴えかけてくるもの。まさにこの前衛的な衣装は、たとえ万人に理解されなくとも、恐ろしいほどのスケートへの愛でもって現役生活を続け、猪突猛進し続けるフミエ・スグリの存在そのものを表していると言えましょう。



☆あなたが選ぶベストドレッサー賞は!?

※投票は終了いたしました
posted by dawa at 00:40| フィギュアスケート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月02日

サイヤ人ファヌフ

さっき、dawa宛にある読者の方からメールが届きました。


「dawaさん!スケートカナダで、ファヌフがサイヤ人になってますよ!」



???と思い、見返してみたところ、衝撃の瞬間が!


サイヤ人10秒前
phsai1_resize1.jpg



サイヤ人5秒前。気合い入ってます
phsai2_resize1.jpg


サイヤ人1秒前!
phsai3_resize1.jpg


そしてついに!!!!



























サイヤ人ファヌフ誕生の瞬間

redsaiyajin.png

redsaiyajin2.png

redsaiyajin3.png




☆あなたもこの衝撃の瞬間を目撃しよう!(0:40あたり)

posted by dawa at 08:54| フィギュアスケート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする