2012年04月14日

セーフとアウトの境界線

たとえば羽生選手はとても素晴らしい選手。でも自分はどうしても羽生選手のことを「ゆづ」って言えないし、書けないのです。これは別に、好き嫌いの問題ではなくて、「大久保さん」のことを「カヨちゃん」とか「佳代子さん」と呼べないことと同じです。

ということで、選手の名前をどう表現するか、どう表記するか、という選手の呼称問題に関して、自分の中で(あくまでも自分の中で。自分以外の誰がどう表記しようとその人の自由だ自由!)セーフとアウトの境界線ってあるな、と思い、表にまとめてみました。

☆dawaのセーフとアウトの境界線
kyokaisen.jpg



はい。ということでみなさまも一度、選手の呼称のセーフとアウトの境界線について友人らと飲みの席等で議論してみてはいかがでしょうか。盛り上がること間違いなしだよ!(ホントかよ!)




posted by dawa at 21:50| フィギュアスケート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする