2013年05月03日

Road to Oberstdorf その3 〜はじめての大会〜

大会に出ようと思ったのは、マスターズの大先輩☆チョクトウさん☆の影響です。
2009年5月、宇都宮の貸切の時にはじめてお会いしたのですが、チョクトウさんの演技を見て(ひとりアイスダンスみたいなやつ)


「なんかおもしろそうなことやってる人がいる!」


「ぼくもああいうのやりたい!」




と思いました。


そう、なんかおもしろいことやりたかったんです!


ブログのネタがつくりたかっただけなんです!


ライブのオープニングムービーのネタ、つくりたかっただけなんです!


なんです!



fe1.jpg




そして自分でプログラム「カルメン」を作り、2009年9月、はじめてパピオカップに出場しました。



ライサのひらひらやりたかっただけなんです!
pa2.png




美姫ちゃんのパックンやりたかっただけなんです!
pa9.png



ピンクレディのカルメンやりたかっただけなんです!
pa17.png




そしたらなんか優勝したし!!!
(※注 出場者2人)

tate.jpg



「はは!スケートって楽し☆」


「この調子で☆」


「東伏見のマスターズも出ちゃお☆」






なんて調子に乗っていたのがすべてのあやまりだったのです

babaasmile.JPG




つづく






posted by dawa at 03:30| コンペティション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月02日

Road to Oberstdorf その2 〜きっかけ〜

もともと、スケートをはじめたのは、健康のためでした。
遡ること7年前の2006年。ちょうどトリノ五輪の頃のお話です。



社会人5年目。不摂生な生活を送っていたダワは、病に伏していました。

kareha.jpg


ダワ「ああ、あの最後の一葉が落ちる頃。。。」


kareha.jpg


ダワ「私はきっと、、死んでしまうのね。。。」


kareha.jpg


ダワ「ふぅ。。。。。」


kareha.jpg



と、病床のベッドdeテレビをつけると、トリノオリンピックがやっていた。

そこに!

突然現れた、この子!






pabupabu.JPG



ダワ「何この子!!!なんか、、、すごい!!!」


osorosiiko.jpg



そしてさらに現れたのがこの子!






miramira.JPG




ダワ「何この子!!!なんだか、すごい!!!」


osorosiiko.jpg





パブクたんとミラたんから強烈なメッセージを受けとった僕は、




「い、今すぐリンクに行かなくては!!!!」



と使命感にかられ、


ぶーんとバイクをとばし、東伏見のリンクに行きました。
IMG_0007.JPG



そしたら!


寒!!



いやそうじゃなくて



滑るの楽しい!!



なにコレ!



楽しい!



スケート楽しい!!!



楽しい!!!




って思ってるうちに靴を買ってしまい、



楽しい!!!



って思ってるうちに神宮の教室に通いはじめ
(小山先生、一條先生には基礎を教わりました。ありがとうございました)



楽しい!!!



って思ってるうちに10キロ痩せて
(結局戻った)



楽しい!!!



って思ってるうちに、年越しスケートなんて行ってみたり



してるうちに



健康体になりました!

pankin.jpg


スケートに出会ってなかったら、自分はもうきっと死んでたかもしれない。たとえ物理的に死んでなくても、精神的に死んだままだったかもしれない。そういう意味では、スケートに命を救われたといっても過言ではないのです。自分のスケートへの思いは、そういうところが原点なのです。


そして「『大人の趣味』というのは、大人が子供に戻れる時間だ」

と誰かが言っていましたが、
最初の数年はまさにそんな感じ、ただスケートの「スーっと滑っていく感覚が、楽しい」という気持ちだけで滑っていたと思います。

大人スケーターの大会、マスターズがあるとは知っていたけど、見たこともないし、
自分がまさか、大会に出るなんて、人前で踊るなんて、
思ってもみなかったのです。



つづく



posted by dawa at 01:07| コンペティション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月01日

Road to Oberstdorf その1 〜まえがき〜

おひさしぶりです。ピアノライブが終わってはや2ヶ月。
この2ヶ月、何をしていたかというと、準備に追われていました。
何の準備?そう、何を隠そう(隠しとけ)



adcp13.png

ISU International Adult Figure Skating Competition 2013!!


adcp13.png

ISU International Adult Figure Skating Competition 2013!!




大事なことじゃないけど2回言いました。



ピアノライブでもちょっとお話ししましたが、今月、5/13からドイツで開催される大人スケーターの大会、 Adult Figure Skating Competition 2013に出ることになりました。なりましたって別に代表として選ばれたわけじゃないです。誰でも出れるんです誰でも。そう、そこのあなたも!


ということで、こんな機会めったにないので、「Road to Oberstdorf」と題し、本番まで、このブログにいろいろ書き綴っていきたいと思います。どうぞよろしくお願いします。


いちばん最初なので、なぜ、自分がわざわざドイツの大会にまでエントリーすることにしたのか、をちょっと書いてみたいと思います。



スケートをはじめてもう7年。数々の大会を経てそれなりに経験を重ね、ダワもいろいろ思うところがありました。大人スケーターの世界。女性の方はたくさんいるけど、男子スケーターの人口は本当に少ない。大会も少ない。大会出る人みんなどっかで見たことある!そして運よければすぐ優勝できちゃう(お得!)。スケートブームとはいったものの、実際に滑る人はまだまだ少ない。特に大人になってからはじめた男子趣味スケーターで海外の大会に出ようなんて人もほとんどいない。そんな状況の中、自分がパイオニアになって実際に飛び出して、ドイツまで行って、大会のいろいろな様子をレポすることで、こういう世界があるんだということ、スケートの楽しさをいろんな人に知って頂けたらと思うし、スケートってできるスポーツなんだ、やれるスポーツなんだということを伝えたい。いろんな素晴らしいものを与えてくれたスケートに、何か少しでも恩返しができればと思うし、またマイノリティオブマイノリティな大人男子スケーターの世界を、ほんのちょっとでも盛り上げていきたい。大人男子スケーターのパイオニアに、俺はなる!というワンピースのルフィのような気持ちでもって大会にエントリーし.......





エントリーし.....................





し.....................








ってウソ!!!!

uso.jpg


ちょうウソ!!!!

uso.jpg





なぜ出るかというと、






出たことないから!




楽しそうだから!!!









しかし、そんな単純な発想からエントリーしてみたものの、実際には大変な道のりが待っていました。






つづく





posted by dawa at 00:01| コンペティション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。