2014年06月15日

Memories of Oberstdorf2014 その1 〜燃え尽き症候群・その後〜

1年前のISUアダルト大会in Oberstdorf。大会の様子は1年前にブログに書きましたが(こちらを参照)


なんかホントに来ちゃった!!!!!
━━━d(*゚∀゚*)b━━━

はじめてのヨーロッパ!!!!!!!
━━━d(*゚∀゚*)b━━━

オーベルストドルフキレイ!!!!!
━━━d(*゚∀゚*)b━━━

楽しい!!!!!!!!!!!!!!
━━━d(*゚∀゚*)b━━━

氷すごい!!!!!!!!!!!!!
━━━d(*゚∀゚*)b━━━

なんか優勝した!!!!!!!!!!
━━━d(*゚∀゚*)b━━━

素敵なひとたちがいっぱい!!!!!
━━━d(*゚∀゚*)b━━━

みどりさんすごい!!!!!!!!!
━━━d(*゚∀゚*)b━━━

スケートやっててよかった!!!!!
━━━d(*゚∀゚*)b━━━

終わった!!もう帰国!!!!!!!
━━━d(*゚∀゚*)b━━━



と、まさにハイテンションで駆け抜けた、ジェットコースターのような5日間。

しかし、帰国後に待っていたのは、果てしない燃え尽き感でした。


masshironahai.jpg

・・・・燃え尽きたぜ・・・・・

masshironahai.jpg

・・・・真っ白に、真っ白な灰に・・・・・




「来年またドイツに行く!できれば毎年行く!」ということははっきり決めていました。だって楽しかったから!なので帰国後も練習はずっと続けていたのですが、なぜか、どうしても気持ちがついていかない、体も動かない。Oberstdorfに行く前の時のやる気が100だとしたら、30〜70のあたりをふらふらさまよい続けているような、スケートとちょっとケンカしてしまっているような状態が続きました。

無理矢理にでもモチベーションを上げるために、9月のパピオカップにエントリーしてみたり、気分転換に軽井沢へ合宿に行ってみたり、アーティスティックも挑戦することを決めたり、いろいろ試してみたものの、どうしても気持ちが上がっていかない。

panpan2.jpg

スケート楽しくない......

panpan2.jpg

でもまたドイツは行きたいし....

panpan2.jpg

どうすれば.....




と、燃え上がることもなければ燃え尽きることもできない、ひたすらくすぶり続ける日々が、本当に長く続いたのです。



つづく



posted by dawa at 22:31| コンペティション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする