2017年02月15日

サカスマスターズのこと その3

そしてその日の夜、ダワはドルチェグストを抱えて
新国立劇場へ、オペラを見に行きました。

madam2.jpg

madam3.jpg


オペラってすごく高いイメージですが、
上の方の席だったので、6000円くらい。
そんなに高くないですね。

舞台は本当に素晴らしくて、見入ってしまいました。
「ある晴れた日に」以外の曲も素晴らしい曲ばかりで、

プッチーニすげえな!!!

と思わずにはいられませんでした。すげぇなて。今さら。

Puccini.jpg
トスカもトゥーランドットもラボエームもわたしのお父さんも、全部プッチーニ!


意外だったのが、ピンカートンさんのこと。
ピンカートンさんはずっとイヤなやつだと思っていたけど、
イヤなやつというよりも、調子いいやつ、お調子者という感じに見えたのです。
演者のキャラクターもあったのかもしれませんが、
確かにひどいことはしているけど、不思議と、ド悪人という感じはしなかった。

そしてなんといっても、一番印象に残ったのは、「桜」でした。
舞台上のあちらこちらに、桜の花びらが敷き詰められていて、
「もうすぐあの人が帰ってくるわ。部屋中に桜の花びらを散りばめてちょうだい」
とかなんとか言って、家の中に桜をバーッと散りばめるんですね。(掃除が大変そう)
有名ですが、「さくらさくら」の旋律が使われたりもしていました。


そしてその時、ハッ!!!と思いついたのです。


sakura_fubuki.pngsakura_fubuki.png


そうだ、桜だ!!


桜を使おう!!!



sakura_fubuki.pngsakura_fubuki.png


何で気がつかなかったんだろう?蝶といえば花じゃん!

そこから怒涛のように、アイデアが思い浮かんできました。


花を使おう、桜の花!

サカス!花を咲かす!ダジャレ!

自分は花咲か爺さん的な?違うな!

桜の花、いろんな花をみんなにどんどん渡していく感じにしよう!

桜の花を持って舞ってもらったらキレイじゃん!

ピンカートンは女たらしの調子いい男、的な感じで!

手品、マジック的な要素も加えよう!

アメリカ人だから、観客席にチョコをばらまいてもいいかも!
(戦後の、ギブミーチョコレート的な ←時代背景めちゃくちゃw)

サカスのリンクはネスレがスポンサーだから、ネスレのキットカットでもばら撒こう!

最後はバラの花を捧げてフィニッシュだな!!





以上、思いついたネタをいくつかピックアップして、本番3日前の最終リハーサルでやってみたのですが、先生のOKが出てホッとしました。バリスタ(正確にはドルチェグスト)を持って滑る、というのにもチャレンジしてみたのですが、なんかしっくりこなかったので、これはボツだな、と思っていました。

でも、練習後に、チームメンバーみんなで本田武史のへんてこりんなCMの話とかしているうちに、せっかくだし、やっちゃおうよ、いいじゃんいいじゃん、的な感じになって、じゃあバリスタ(正確にはドルチェグスト)持って滑るかどうかは、当日、会場の雰囲気をみて、その場で決めようと思いました。


曲想と全然合わないことするけど、プッチーニさんごめん!

と思いましたが。

Puccini.jpg
ごめんねプッチーニ!



つづく


posted by dawa at 20:00| フィギュアスケート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする