2017年02月16日

サカスマスターズのこと その4

そして本番。

最初、自分がセンターに立って一輪の桜の花を持って、それを愛でるように舞う

コートの袖に隠しておいた桜の花を一輪ずつ取り出して、順番に5人に渡していく

ポケットに隠していたお花とキットカットを、ジャッジにプレゼント

ポケットに隠していたキットカットを、観客席にばらまく

(もし場が盛り上がってたら、リンクサイドに隠しておいたドルチェグストを持って滑る)
(シーンとなってたらジャンプ、スピン、イーグルとか適当にする)

衣装の中に隠していたバラを、最後に真ん中で差し出す


という流れで行こう、と思いました。お花やらチョコやら、コートの中に隠せるだけ隠していたので、もうパンパン。


そして演技スタート!
はじめに桜の花を袖から出していった時から、ジャッジの笑顔が見えたので、


いてまえ!!


と思い、結局、バリスタ(正確にはドルチェグスト)持って滑りました。

rioulio;afjk.jpg

シットスピンの時、おなかに隠していたバラが、おなかに刺さって
しゃがめなかったことが心残りでしたが、
まあ、それなりに盛り上がってよかったです。

リンクサイドでドルチェグスト隠し&渡しに協力してくれたJ子さんありがとう!
そしてプッチーニさん、曲想無視してごめんなさい!(ふたたび)


結果、チームで賞もいただきました。ありがとうございました。9日前のノーアイデア状態から、このアイデア賞までたどり着けた、ということに、しみじみ。

54648jkh.jpg


なんでこんな大変な思いして、こんなことやってるのかな〜とたまに自分でも思うし、
もっというと、なぜスケートをしているのか?というと、
やっぱり、自分がワクワクしたいし、ワクワクさせたいから、
自分がスケートはじめたばかりのひよっ子だったとき、
チョクトウさんや木谷さんら、偉大な先輩たちのパフォーマンスを見て、ワクワクしたように。

あのリンクの上で演技するってどういう感じ???
ドイツの大会どんなもの???
自分のスケート人生はすべて、
そういう好奇心からスタートしてきたし、
好奇心が続く限り、これからもそれを続けてきたい、ワクワクしていきたいなと思います〜。


sghkugrl65.jpg




おわり



posted by dawa at 19:00| フィギュアスケート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする