2008年11月11日

西日本選手権感想

もう1週間経ってしまいましたが、ざっと感想を。
いちばん心を動かされたのはやっぱり曽根美樹さん。全日本行きは厳しいのがわかってただけに、祈るような気持ちで見ていましたが、最初から最後まで素晴らしかったです。もう彼女の演技を、試合で、生で見ることはないんだろうな、と思ったら少し泣けてきました(なんか普通のブログっぽい!)。男子はニフティの記事などでもう書かれてますがムラくんの迫力はすごかった。僕の座ってた席のすぐ近くに梅谷さん(弟)がいたのですがスタンディングオベーションしてました。僕もつられてスタオベ。あと、郡山くんも初見でしたがいい選手だと思いました。

その他に気になったのは、「ぽえむ」っていう名前の選手がいたことです。パンフで名前を見て、友達と「なんか新世代を感じる名前だねぇ」とか言い合ってたんだけど、そのぽえむ選手が出てきた時、客席から


「ぽえちゃんーーー!!」

「ぽえちゃんガンバー!!!」



の大応援コールが!!!
「なまにくぽえ太」の名付け親であるdawaも思わず心を動かされ、小さな声で「ぽえちゃんガンバー!」と言ってしまいました。残念ながらショート落ちでしたが、来年はもっとがんばって、フリーはぜひ「POETA」で滑るといいと思います。

「ぽえちゃんポエタガンバー!!」

とかになってわけわかんなくなっておもしろそうなので。

あと、亜紀ちゃんの演技の時にはきちんと関大生に交じって「亜紀ちゃんガンバー!!」の声援を送りましたよ!!痩せて大人っぽくなってた。ただ何かが彼女の中から消えてしまったような気がしたけれど(ルッツとかフリップとかループとか)、まあ、元気な姿を見せてくれるだけでうれしかったです。以上。
posted by dawa at 00:27| フィギュアスケート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする