2013年05月01日

Road to Oberstdorf その1 〜まえがき〜

おひさしぶりです。ピアノライブが終わってはや2ヶ月。
この2ヶ月、何をしていたかというと、準備に追われていました。
何の準備?そう、何を隠そう(隠しとけ)



adcp13.png

ISU International Adult Figure Skating Competition 2013!!


adcp13.png

ISU International Adult Figure Skating Competition 2013!!




大事なことじゃないけど2回言いました。



ピアノライブでもちょっとお話ししましたが、今月、5/13からドイツで開催される大人スケーターの大会、 Adult Figure Skating Competition 2013に出ることになりました。なりましたって別に代表として選ばれたわけじゃないです。誰でも出れるんです誰でも。そう、そこのあなたも!


ということで、こんな機会めったにないので、「Road to Oberstdorf」と題し、本番まで、このブログにいろいろ書き綴っていきたいと思います。どうぞよろしくお願いします。


いちばん最初なので、なぜ、自分がわざわざドイツの大会にまでエントリーすることにしたのか、をちょっと書いてみたいと思います。



スケートをはじめてもう7年。数々の大会を経てそれなりに経験を重ね、ダワもいろいろ思うところがありました。大人スケーターの世界。女性の方はたくさんいるけど、男子スケーターの人口は本当に少ない。大会も少ない。大会出る人みんなどっかで見たことある!そして運よければすぐ優勝できちゃう(お得!)。スケートブームとはいったものの、実際に滑る人はまだまだ少ない。特に大人になってからはじめた男子趣味スケーターで海外の大会に出ようなんて人もほとんどいない。そんな状況の中、自分がパイオニアになって実際に飛び出して、ドイツまで行って、大会のいろいろな様子をレポすることで、こういう世界があるんだということ、スケートの楽しさをいろんな人に知って頂けたらと思うし、スケートってできるスポーツなんだ、やれるスポーツなんだということを伝えたい。いろんな素晴らしいものを与えてくれたスケートに、何か少しでも恩返しができればと思うし、またマイノリティオブマイノリティな大人男子スケーターの世界を、ほんのちょっとでも盛り上げていきたい。大人男子スケーターのパイオニアに、俺はなる!というワンピースのルフィのような気持ちでもって大会にエントリーし.......





エントリーし.....................





し.....................








ってウソ!!!!

uso.jpg


ちょうウソ!!!!

uso.jpg





なぜ出るかというと、






出たことないから!




楽しそうだから!!!









しかし、そんな単純な発想からエントリーしてみたものの、実際には大変な道のりが待っていました。






つづく





posted by dawa at 00:01| コンペティション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする