2013年05月31日

Memories of Oberstdorf その7 〜チンクワンタ会長〜

いよいよ本番直前。


Sさんが隣にいてくれて、いろいろ話して気を紛らわせてくれて。


みどりさんにも「緊張して自分のやってきたことを出せないまま終わっちゃうのはもったいないから!楽しんで滑ってきて!大丈夫だから!」と励ましていただいて。


ひとつ前のグループで滑ったAくんの頑張る姿を見て刺激を受けて。


同じリンクのNさんやK先生も抽選を終えるなりすぐにかけつけてくれてリンクサイドについてくれて。




ホントに心強かったし、みんなのために絶対いい演技しよう、と心から思いました。ありがたかったです。




そしていよいよ6分練習。リンクイン。6分練習は先生に教わった通り、まず前半はゆっくり時間をかけて氷の感触を確かめ、そのあと軽くプログラムを流して、気になったところをチェック。そして最後1分でもう一度氷の感触を確かめる。

6分練習中も、ジャンプもスピンも好調で、笑顔で、楽しく滑ることができました。




しかし!




そうは問屋がおろさなかった。1番滑走の方が滑り終わって、行ってきます!と、笑顔で、程よい緊張感を持ってリンクに出ていったものの、なかなか名前がコールされない。




え?




何?





と思ってたら、突然のアナウンス。





「ただいま国際スケート連盟会長、チンクワンタ氏が会場に到着されました。みなさま盛大なる拍手を!!」


kaichosama.png








チンクワンタが来た!

chinkuwanta.png



チンクワンタが来た!

chinkuwanta.png



チンクワンタが来た!

chinkuwanta.png





何で今なの!!!!





imadesho.png


今でしょじゃねーよ!!!






もう、なんか、ビックリを通り越して思わず笑っちゃいました。人って予想外すぎることが起こると笑っちゃうんだ。「チンクワンタ会長が、津軽海峡冬景色を聞くんだ!聞いちゃうんだ!」とか思うと、なんか、もう。ダメ。ダメ。ダメ。ダメ。



せっかくの程よい緊張感もどこかにいってしまい、なんか自分でもよくわからないまま、スタートポジションに立つダワ。



音楽スタート!



♪ジャーン!



うわっ!!!



tumaduita.png



最初のターン、いきなりつまづいたぁぁぁぁ〜〜〜〜〜〜〜!!!!!







つづく






posted by dawa at 22:43| コンペティション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする