2017年05月07日

フィギュアスケートはジグソーパズル

フィギュアスケートってジグソーパズルみたいだな、と思う。

jigsaw_puzzle.png


ジグソーパズルは、ピースをひとつずつ組み合わせて、
一枚の「絵」を完成させる。
スケートは、ジャンプやスピンやステップのエレメンツを組み合わせて、
一つの「プログラム」を完成させる。


ジャンプというピース

スピンというピース

ステップというピース

トランジションはピースとピースの間のふち


これらを組み合わせて、一つのプログラム(作品)ができる。


「絵」にたとえるとわかりやすいかな、と思う。
スケーティングスキルは、画力。絵を仕上げる総合力。

素晴らしいジャンプはその絵のキラキラしたポイントになるし、

もしジャンプを失敗してしまったら、
その絵はピースが欠けたどこか歯抜けなものになってしまうし、

トランジションが雑だったら、
ピースとピースの間の「ふち」がはっきり見える絵になってしまう。



見えない絵を氷上に描くのがフィギュアスケート、だとダワは思っていて、
どんな絵が浮かび上がってくるのだろう?とワクワクして、
美しい絵もあり、悲しい絵もあり、おもしろい絵もあり、
浮かび上がってくる絵が選手ひとりひとり違うから、
フィギュアスケートっておもしろいのかな、と思う。


これは、実際に自分が滑るようになってから、思いはじめたことです。


puzzle_boy.png


で、自分はどうかというと、
10年近く滑って、興味本位でいろいろな大会にも出たけれど、
ちゃんとした絵を描けたことなど、一度もない.....


スケートの練習というのは、大きく分けて2つあって、

@コンパル、スケーティング、エレメンツの練習(一般滑走とか)
A曲かけして、プログラムを通して滑る練習(貸切とか)

です。

最近、大会に向けて、Aの通し練をする機会が増えている(といっても週に1回1時間程度)のだけど、
いつも練習で跳べているジャンプなのに、
いつも練習でまわれているスピンなのに、
プログラムの中だと、全然できなくなってしまうことが多々ある。

これはスケート仲間ともよく話すことなので、自分だけではないと思う。
いつも問題なくできてることが、プログラムの中だと急にできなくなったりするよね!あれ、なんだろうね!と笑いながら話したりする。

本番なんてもっと難しくて、予定していたエレメンツが全部入って、ちゃんと滑れて、表現もきちんとできて、今やれることは全部できた!なんて経験は、たった1回だけ(しかもそれはペアの時)。
シングルでは1回もなし。


スタミナ、メンタル、苦手意識、スケーティングスキル、振付、加齢、舞台度胸、、、、


いろんな要因があると思うけど、
それを乗り越えるには、@に並行して、やはりAの練習、
曲かけをしての通し練を何回もくりかえしてくりかえして、
練習でも本番でも何度も失敗して失敗して、経験を積んで、
乗り越えていくしかないんだろうな、と思う。


ダワは、「観客の前でプログラムを滑って、一枚の絵を氷上に描く」というのがフィギュアスケートだと思っているので、自分はまだ全然、フィギュアスケートをやってます、これがフィギュアスケートですなんてことは、恐れ多くて言えない。


でもいつか、ちゃんとした絵を描いて、
「これぞフィギュアスケート!」
みたいな演技ができたらいいな、と思う。
何年後になるのか、何十年後になるのか、死ぬまでできないのか......わからないですが。

なんだか大変なスポーツだな...とやればやるほど思うけれど、
これを好きで選んだのは自分なので。


pose_ganbarou_man.png


今年も懲りずにドイツ行ってきます。
応援してね☆


ダワ


posted by dawa at 19:28| フィギュアスケート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする