2013年05月28日

Memories of Oberstdorf その4 〜すごい氷〜

火曜日夕方オーベルストドルフに到着。ホテルにチェックインし、さっそくリンクに向かいました。


オーベルストドルフの街並みはホントに素敵だった。一瞬で好きになりました。

machinami.jpg


あらゆるところに大会の看板が。

kanbann.jpg


そしてリンク!!山のふもとです。

skaterink.jpg


入り口にウェルカムボード

welcomewelcom.jpg



リンクに着いた瞬間、うれしくて「ここに来れただけで満足〜(´;ω;`)」みたいな気持ちになりました。そして気付く。咳が全然出ていないことに。体も全然しんどくない。リンクに到着した頃には、体調不良は完全に消え失せていました。
「病は気から」といいますが、到着したうれしさ、そのテンション↑↑でごっそり病を退けた感じだったのでしょうか。とにかく、よかった。


そしてさっそく、先に到着していた日本チームのみなさんにご挨拶。初参加だしどうなるのかな〜仲間に入れてもらえるのかな〜なんてちょっと心配してたのですが、みなさんフレンドリーに接してくださって、うれしかったです。僕がスケートをはじめた頃、神宮で同じグループレッスンを受けていた方もいらっしゃって、数年ぶりの再会だったり☆


そしてジャパンジャージ☆

jaji.jpg


ウェルカムセレモニーはこんな感じでした。

welcer.jpg

wece22.jpg


きっちりしたセレモニーなのかな、と思いきや、なんだかフリーダム。みなさん氷上でお酒やジュースの入ったグラスを片手に、乾杯したり、久々の再会を喜び合ってたり、写真を撮り合ったり。端っこでジャンプを跳ぶ人もいれば、何人かでスピン練習してるロシアっ娘たちもいたり。僕はというと、「こんな世界なんだ〜すごい〜」とひたすらソワソワ、キョロキョロしてました。キョロ(ω・`)(・ω・´)(`・ω)キョロ



そして驚いたのが、やはり、氷です。



「氷の質が全然違うよ!ハンパないよ!」と事前には聞いていたのですが、予想をはるかに超えていました。普通だったら、氷に降りて、何度か意識的に氷をプッシュしてスピードを上げていきますが、オーベルストドルフの氷は、降りただけで、何の力もなしにス〜〜〜〜ッと滑っていくのです。そして、2,3回プッシュしただけで、たちまちトップスピードに。しっかり氷をとらえないと、すぐに足をとられてしまいます。

今まで、ぶらりリンクの旅で、いろいろなリンクで滑ってきましたが、あの氷にいちばん近いのは苫小牧・・・いや苫小牧よりもはるかにすごかったと思う。



エリカがたとえてあげる!!!

erikagatatoe.jpg

ふつうの氷が「自転車」なら、オーベルストドルフの氷は「電動自転車」!!

erikagatatoe.jpg

ふつうの氷が「特急踊り子」なら、オーベルストドルフの氷は「リニアモーターカー」!!

erikagatatoe.jpg

ふつうの氷が「マチコ」なら、オーベルストドルフの氷は「マチコデラックス」!!

erikagatatoe.jpg




・・・・・






と、とにかく、このすごい氷を経験するだけでも、来た甲斐があったと思いました。



21時頃、時差ボケがやってきて意識が朦朧としてきたので、ホテルに撤収。
いよいよ明日からスタートする大会に備え、ゆっくり休みました。




つづく



posted by dawa at 23:59| コンペティション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月27日

Memories of Oberstdorf その3 〜ミュンヘン〜

真っ白な灰になった状態で決戦の地、ドイツに降り立ったダワ。

それでも「やっとここまで来れた―!」と、心はウキウキしていました。
心配だった税関も、ツアー客に紛れてさりげなく通過。

電車に乗って、夕方7時頃(日本時間で深夜2時)、無事ミュンヘン中央駅に到着しました。
ちょっと出だしつまづいちゃったけど、ここから本格的に時差ボケ解消計画です。


「とにかく、今日はとにかく、夜まで寝ない。24時まで起きていよう!」


そう決意して、駅前のホテルにチェックイン。
しかし、ホテルの部屋に入ったとたん、安心感からか、激しい眠気が襲う襲う。



寝ちゃだめだ・・・

necha.jpg

寝ちゃだめだ・・・

necha.jpg

寝ちゃだめだ・・・

necha.jpg

zzzzz・・・

haaaaattu.jpg





zzzzz・・・






( ゚д゚)ハッ!






目を覚ますと、深夜1時(日本時間朝8時)。日本でいつも起床する時間です。オレの体内時計、なんて頑丈なんだよ・・・と思いながら再び眠りにつこうとすると





眠れない・・

nechadame.jpg

眠れない・・

nechadame.jpg

眠れない・・

nechadame.jpg

おめでとう!!朝だね!!(意味不明)

zzzz.jpg




時差ボケ解消計画、大失敗!!




結局、時差ボケは帰国するまで治ることなく、ドイツ滞在中は毎日、夜9時頃には眠気で意識が朦朧としてしまい、所謂夜遊び的なことは全然できなかった(みんな朝まで飲んだりしてたらしい)。悔しい〜!


でも、寝る時間と起きる時間は間違えたけど、一応、横になって体を休めることはできたので、体調はだいぶん回復。当初の予定通り、翌日午前中はミュンヘン観光しました☆



ニンフェンブルク宮殿。キレイ〜

osiro.png


ホーフガーデン横のバイエルン州首相府。ステキ〜

kyuden.png


そしていよいよ午後。オーベルストドルフに向かう直通電車に乗車。

munichstation.jpg


窓の外はのどかな景色。

sekainoshasoukara.jpg

2時間後、ついにオーベルストドルフに到着しました!

tuita.jpg






つづく





posted by dawa at 21:49| コンペティション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月26日

Memories of Oberstdorf その2 〜悪夢のフライト〜

あまり芳しくない体調のままフライトにのぞんだダワ。
フライト時間は12時間。

当初の予定は

1.おいしい機内食を食べながらレミゼラブル(2回目)を見よ♪(2時間)
2.もう1本映画を見よ♪(愛アムールか横道世之介あたり)(2時間)
3.時差ボケに備えて仮眠しよ♪(6時間)
4.起きて機内食&到着準備しよ♪(2時間)

という完璧な計画を立てていました。



のはずが。


実際は。




1.機内食を食べながらレミゼラブルを見る(2時間)

ANAの機内食はおいしかった!カニ釜めし!
赤ワインなんかも頂きました☆

kinaishoku.jpg


レミゼも2回目だけど、やっぱ泣けた〜!エポニーヌ最高〜!

epoepo.jpg


と、ここまでは順調。




2.もう1本映画を見る(2時間)

世界にひとつのプレイブックを見ました。
ジェニファーローレンスがアカデミー賞とったやつ。楽しかったー

pbkmo.jpg



と、ここまでも順調。




3.仮眠 (6時間)

出発から4時間ほど経過。飛行機はロシア上空を通過中。

映画見ていい気分になり、
ワインも飲んでいい気分になり、
さぁ、そろそろ寝るか〜〜と。


そして、しっかりと事前に準備してきたネックピローとアイマスクをカバンから取り出し、
ネックピローに空気を入れ始めました。



そこで異変に気付く。





な、なんか、、、臭くない??





そう、ケチって100均で買った新品のネックピローが、何とも言えないビニール臭というか、化学物質臭を発していることに気付いたのです。空気を入れれば入れるほど、臭さは増していく!!!OH MY GOD!!!




うおっ!クセっ!




ネックピロー、臭!!



oedori.jpg





このままだと、「全日空機内ネックピロー異臭テロ事件」の首謀者として周囲からつるしあげをくらってしまう!!!




「ケチって100均なんかで買うんじゃなかった。。。」と、泣く泣くネックピローはカバンに撤収しました。とりあえず枕は備え付けのやつ使って、アイマスクでもして寝るか。。。と思い、同じく100均で買ったアイマスクを装着したら。。。




アイがマスかない!!



光、通しまくり!!



kibyou.png



これ、肌触りよさそう☆とか思ってタオル生地を選んだ自分がバカだった。もう、光を通す通す。再び「ケチって100均なんかで買うんじゃなかった。。。」と激しく後悔。




そしてさらにトリプルパンチ!最初に飲んだ赤ワインの酔いが回り、頭痛がしてきたのです(悪酔い)



頭がガンガングイグイズイズイ上昇!!!!!







頭痛&疲れ&焦り&もともとの体調不良でダワはだんだんと真っ白な灰になってゆき、ボーっとした頭で「AKB総選挙スペシャル」とか「ガリレオ」とか「シャーロック」とか流れゆく画面をただ見つめるしかありませんでした。

結局、12時間のフライト、一睡もできず。臭いネックピローと光を通しまくるアイマスクのせいで、当初の計画はガラガラと崩れていきました。




挙句の果て、到着寸前に流れたアナウンス。




「到着地の気温は 9℃です」





9℃て!!!




ミュンヘンに到着したころ、ダワはまさに「レ・ミゼラブル」のアン・ハサウェイになっていました。


I had a dream my life would be
こんなはずじゃなかった

lem1.jpg


So different from this hell I'm living,
こんな地獄で暮らすとは

lem2.jpg

So different now from what it seemed
こんな哀れな姿で

lem3.jpg


Now life has killed the dream I dreamed.
夢やぶれし 我が人生

lem4.jpg

lem5.jpg






つづく


posted by dawa at 21:55| コンペティション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月24日

Memories of Oberstdorf その1 〜出発前の怪奇現象〜

大会出発2週間前。ダワはなぜか数々の謎の奇病に襲われていました。


■その1 〜咳が止まらない病〜

kibyou.png

5月に入り、いよいよラストスパート、という時期。

体は全然元気なのに、ノドだけが激しく痛み、

咳が止まらないという症状に襲われました。

アタマの中にはひたすらWinkが流れ続けていました。



♪心ごと止まらないの

winktomaranai.png

♪あなたに微熱奪われている

winktomaranai.png

♪フラ〜フラ〜フラ〜〜

winktomaranai.png



乱れてる〜〜そう、体はフラフラ。ノドに良いと言われること(ネギとかショウガとかはちみつとか)をすべてやってみても、市販薬(パブロン、ルル、ブロンなど)を飲んでもいっこうに収まる気配なし。

kusuri.png


ゴールデンウィーク中なのでお医者さんにもいけない.....

最後の試技会、5/5の宇都宮マスターズもボロボロの出来......

5/7の最後のパッチ(貸切練)もフリップが全然入らない.......

結局、最後まで「思いっきり練習する」ということができないままになってしまいました。





■その2 〜ヘルペスが止まらない病〜


♪ヘルペスが止まらないの

winktomaranai.png

♪あなたに微熱奪われている

winktomaranai.png

♪フラ〜フラ〜フラ〜〜

winktomaranai.png


僕は、ライブの前など、ストレス状況下に置かれると、いつも口外炎ができるのです。東日本大震災のすぐ後のピアノライブなんて、もう唇の周りヘルペスだらけだった。まあ、これはでも、ケナログを塗ってチョコラBBとか飲めばすぐ治るのです。今回も、ああ、いつものやつ来たなぁ、と思って、ケナログをぬりぬりしてたんですけど


なおらない!!


なおらないんですけど!!


kibyou.png


これは無事、出発前日に消えました。ホッ




■その3 〜謎の出血〜


ゴールデンウィーク明けくらいに、何か口の中に塊ができてることに気づいたのです。


なんだこれ???


なんか寝てる間に口の中噛んじゃったかな???


そう思って舌でその塊をさわっていたら....



バンッ!!!!





いきなり破裂!!






kibyou.png


同時に口の中が真っ赤に。出血です。


kibyou.png


いちばんおそろしかったのは、全然痛くなかったんです。そう、痛くないの!!!血が出てるのに!!!ちっとも痛くない!なんでやねん!!!逆に怖いんやんけ!!!!


これはいまでも、何が起こったのか、何だったのか、わかりません。




■その4 〜薬の副作用〜

kibyou.png

5/7のパッチの後、お医者さんに行って、薬をもらいました。
処方箋の薬って安いんだなぁ、なんて思いながら、飲んでみたら


ダワ、ハイテンションに!

hiten.png

クスリ効き過ぎ!

hiten.png



僕は普段、薬はあんま飲まないので、効きすぎたのでしょうか。なんだかおかしくてたまらなくなって笑いをこらえきれなくなったり、青いものが視界に入ってきたり(幻覚??)、数々の副作用に見舞われました。確かに飲んだ後は咳はおさまったのですが、木曜日に最後のレッスンがあったし、「津軽海峡滑るのにこのテンションの高さはあかんやん、違うやん」と思い、薬の量は減らさざるを得ませんでした。


結局、予定していた直前軽井沢スケート合宿も中止。出発前日あたりにはだいぶ症状はおさまったものの、最後までゴホゴホが止まらないまま、成田空港に向かうことになりました。


943194_640961902584263_901374790_n.jpg


どうなるんだオレ。。。とにかく、機内でゆっくり休もう。。。と思いながら飛行機に乗り込んだものの、そこでまた、思いもよらないトラブルに見舞われることになるのです。




つづく



posted by dawa at 01:06| コンペティション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月23日

無事帰国

無事、日本に帰国しました。


Twitterなどでもご報告致しましたが、

おかげさまで、ISU International Adult Figure Skating Competition 2013、優勝することができました。


hyoshoshiki.png



もう、演技後は心の中はこんな状態。



わーーーーーーーーーーーーーん!!!!!

odakuuuuun.jpg

odakuuuuun.jpg

odakuuuuun.jpg



結果は気にしないとは言いつつ、やっぱり心のどこかでは気にせずにはいられなかったんです。なぜならこの大会、過去に日本から参加した日本人男子で、シングル部門で優勝した人はいなかったはずなのです(ダワ調べでは天野さんの2位が最高)。そんなの誰も気にしない記録だけど、自分としてはスケートやってきて何かひとつ足跡を残したい、そういう気持ちもどっかにありました。



そしたらなんか優勝しちゃって。。。


わーーーーーーーーーーーーーん!!!!!

odakuuuuun.jpg

odakuuuuun.jpg

odakuuuuun.jpg



しつこいか。




大会期間、いろんなことがあったのでそれはまた明日以降、「Memories of Oberstdorf」のシリーズでいろいろ書き綴っていきたいと思います!




ダワ


つづく


posted by dawa at 20:05| コンペティション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする