2020年10月04日

高山さんのこと

高山さんが亡くなった。自分は、高山さんではなくて、別の名前の方が馴染みがあるのだけれど、ここでは高山さんと書いておこうと思う。

高山さんとは、自分が大学生の時に知り合った。もう20年以上前になる。
当時、自分が運営していたウェブサイトを訪問してくださり、自分が思いのままに書き散らしていた文章やネタを、なぜか、面白いと掲示板に書いてくださり、それをきっかけにメールのやりとりをするようになったと記憶している。

それから飲み屋やイベントなどでたまにお会いする機会があり、清水ミチコのCDを貸しあったり、飲み屋のモニターで某歌手のくだらないプロモーションビデオを何度も見てゲラゲラ笑い合ったことを覚えている。

高山さんはもちろん強烈なキャラクターで、会うときはいつも緊張した。20代くらいの頃の自分は、ただ勢いだけで生きていて、生意気だったし、未熟で世間知らずで、根拠のない自信、意味のない虚栄を張っていて、そんな空っぽの自分が見透かされるんじゃないか、といつもドキドキしていた。

当時、そんな自分のことを、高山さんが


「面白い」を「行動」に移す瞬発力においては、 この方の右に出る人を存じ上げません。


と書いてくださったことがある。mixiの他己紹介みたいなやつだ。とても嬉しかった。
その言葉は、その当時から現在に至るまで、自分の心の支えになっている。行動することが生きること、そうやって生きてきたし、生きていこうと思っている、それが間違いじゃないということを実感できる、後ろ盾のような言葉だったからだ。

自分は社会人になり、仕事をしながらスケートにのめり込み、高山さんはいつの間にか「高山真」という名前で本を出版したり、雑誌やウェブ媒体でコラムを書くようになっていた。会う機会はほとんどなくなっていたけれど、たまに本やコラムの感想を送ったりのやりとりをしていた。アメリカで津軽海峡冬景色で滑る子がいる!とサマンサ・ガーデラスのことを教えてくれたのも高山さんだ。数年前、高山さんが羽生選手についてのスケート本を書くことになり、それをきっかけに、久々にお会いすることになった。

癌になったこと、入退院をくりかえしていることは、人づてに聞いていた。げっそり痩せていたらどうしよう、なんて言葉をかければいいんだろう、そんな心配をよそに、高田馬場駅前のルノアールに現れた高山さんは太っていた。相変わらずオシャレで(と言っておく)、マタギみたいな、エッジの効いた服を着ていて、目をカッと見開くクセも変わっていなかった。タバコもスパスパ吸っていた。病み上がりな雰囲気は微塵も感じられなかった。感じられなかったのは、感じさせなかったからだ、とあとで気づく。そしてフィギュアスケートの話を何時間もした。平昌五輪にも行くという。ああ、大丈夫なんだ、たいしたことないんだ、そうだよな、この人、簡単には死なないよな、そうだよな、そう安心していた。

だから、こんなに早く逝くとは思わなかったのだ。

誰かを失うと、その誰かに、もっと自分が何かできることはなかったのかな、といつも思う。高山さんからいろんなことを教えてもらったのに、自分は何か返せたのかな、何かあったかな、そう、高山さんと二人で、艦これのアイスショーを見に行った時のこと。高山さんが尊敬して止まない、大大大ファンだという伊藤みどりさん、アイスショー終演後、楽屋に挨拶に伺おうとした時、「いや、私は遠慮させていただいた方が......」と、帰ろうとする高山さんの腕を無理やり強引に引っ張って、楽屋前まで一緒に行って、みどりさんとご対面、みどりさんとツーショット写真を撮ってたな、あれ、喜んでもらえたかな、いやでもすごいのはみどりさんか。でも、海浜幕張駅までの帰り道、歩道橋で、これまで見たことのないような紅潮した顔の高山さんを思い出す。訃報を聞いた今、その横顔をよく思い出す。

去年のピアノライブに来てくださった時、帰り道にみどりさんと偶然一緒になって駅までエスコートさせて頂いたんですよ!と、後日飲みに行った時、嬉しそうに話していた。後で、「高山さん、だわさんのこと、こんなふうに話してたよ」とみどりさんから聞いた。その言葉はここでは書かないけれど、それもずっと自分の心の中に置いて、心の支えにしていきたい言葉になっている。

頂いたありがたい言葉を忘れないようにしようと思う。高山さんと知り合えて、ほんとに楽しかったし、うれしかったです。どうもありがとう。


P.S
1週間前くらいに、中部ブロックで本郷選手が愛の不時着の曲で滑ってるのを見て「本郷さん、愛の不時着!」っていう、なんてことないツイートをして、それに「いいね!」をくださいましたよね。そんなしょうもないツイートに「いいね!」をするのが最後だなんて、その数日後に死んじゃうなんて、まさか思わないじゃないですか!でもなんだか高山さんらしい。やられた!笑






posted by dawa at 02:58| フィギュアスケート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月03日

アクセルチャレンジ

アクセルチャレンジ宣言!


rink.png


今後、経過をnoteに綴っていきたいと思います。
https://note.com/dawa666666


posted by dawa at 22:29| フィギュアスケート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月31日

ブログリニュアル(?)のお知らせ

ブログをリニュアルしました!


って何も変わってないがなー!と思われるかもしれませんが。


2006年にこのブログを始めて、もう14年経ちました。14年ですって奥さん。
当時生まれた子供がもう中学生ですよ。世界ジュニアとか出ちゃってますよ。

トリノ五輪でスケートが盛り上がっていた当時、「斬り捨て御免塾!!」という面白いスケートのブログがありまして、ゲラゲラ笑いながら読んでいて、こんな面白い感じのが書けたらいいなと思い、このブログをはじめました。

リニュアルにあたって、いろいろ過去の記事を読み返してみたのですが、
ホントに、しょうもない記事ばっかりで赤面しました。
これ書いたヤツ、絶対アタマおかしいわ!とか思ったのですが、書いたのは紛れもなく自分でした。

フィギュアスケートアワード....
妄想ツイッター....
ミラたん....
キャッチフレーズ.....
1分でわかるシリーズ....
シロタの城...


特にシャーリー様には足を向けて眠れません。
色々な方を不愉快な気持ちにさせていたかもしれない、と思うと、申し訳ない気持ちでいっぱいです。


ブログを通じて、また動画宮殿を通じて、色々な面白い方々と知り合えたこと、またブログで告知していたピアノライブ、年賀状企画などで素敵なスケートファンの方々と実際にお会いできたことは、本当に素晴らしい思い出です。どうもありがとうございました。


ということで、ここはバッサリ、10年くらい前の過去記事は削除!削除しました。今後、このブログでは

・フィギュアスケートピアノライブ
・滑るスケート
・ちょっとした小ネタ

この3点を中心に、細々と続けていきたいと思います。



(過去のあの記事が見たい.....どうしても見たい.....という奇特な方は、パスワード制のアーカイブページがありますので、メールorDM頂ければ URLとパスワードをお知らせします。まあ、いないよね笑)



あと、8月から期間限定で、noteで「ダワアクセルチャレンジプロジェクト!」を始める予定です。現在準備中。
https://note.com/dawa666666



どうぞよろしくお願いいたします。



ダワ


posted by dawa at 22:55| フィギュアスケート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月07日

フィギュアスケートはジグソーパズル

フィギュアスケートってジグソーパズルみたいだな、と思う。

jigsaw_puzzle.png


ジグソーパズルは、ピースをひとつずつ組み合わせて、
一枚の「絵」を完成させる。
スケートは、ジャンプやスピンやステップのエレメンツを組み合わせて、
一つの「プログラム」を完成させる。


ジャンプというピース

スピンというピース

ステップというピース

トランジションはピースとピースの間のふち


これらを組み合わせて、一つのプログラム(作品)ができる。


「絵」にたとえるとわかりやすいかな、と思う。
スケーティングスキルは、画力。絵を仕上げる総合力。

素晴らしいジャンプはその絵のキラキラしたポイントになるし、

もしジャンプを失敗してしまったら、
その絵はピースが欠けたどこか歯抜けなものになってしまうし、

トランジションが雑だったら、
ピースとピースの間の「ふち」がはっきり見える絵になってしまう。



見えない絵を氷上に描くのがフィギュアスケート、だとダワは思っていて、
どんな絵が浮かび上がってくるのだろう?とワクワクして、
美しい絵もあり、悲しい絵もあり、おもしろい絵もあり、
浮かび上がってくる絵が選手ひとりひとり違うから、
フィギュアスケートっておもしろいのかな、と思う。


これは、実際に自分が滑るようになってから、思いはじめたことです。


puzzle_boy.png


で、自分はどうかというと、
10年近く滑って、興味本位でいろいろな大会にも出たけれど、
ちゃんとした絵を描けたことなど、一度もない.....


スケートの練習というのは、大きく分けて2つあって、

@コンパル、スケーティング、エレメンツの練習(一般滑走とか)
A曲かけして、プログラムを通して滑る練習(貸切とか)

です。

最近、大会に向けて、Aの通し練をする機会が増えている(といっても週に1回1時間程度)のだけど、
いつも練習で跳べているジャンプなのに、
いつも練習でまわれているスピンなのに、
プログラムの中だと、全然できなくなってしまうことが多々ある。

これはスケート仲間ともよく話すことなので、自分だけではないと思う。
いつも問題なくできてることが、プログラムの中だと急にできなくなったりするよね!あれ、なんだろうね!と笑いながら話したりする。

本番なんてもっと難しくて、予定していたエレメンツが全部入って、ちゃんと滑れて、表現もきちんとできて、今やれることは全部できた!なんて経験は、たった1回だけ(しかもそれはペアの時)。
シングルでは1回もなし。


スタミナ、メンタル、苦手意識、スケーティングスキル、振付、加齢、舞台度胸、、、、


いろんな要因があると思うけど、
それを乗り越えるには、@に並行して、やはりAの練習、
曲かけをしての通し練を何回もくりかえしてくりかえして、
練習でも本番でも何度も失敗して失敗して、経験を積んで、
乗り越えていくしかないんだろうな、と思う。


ダワは、「観客の前でプログラムを滑って、一枚の絵を氷上に描く」というのがフィギュアスケートだと思っているので、自分はまだ全然、フィギュアスケートをやってます、これがフィギュアスケートですなんてことは、恐れ多くて言えない。


でもいつか、ちゃんとした絵を描いて、
「これぞフィギュアスケート!」
みたいな演技ができたらいいな、と思う。
何年後になるのか、何十年後になるのか、死ぬまでできないのか......わからないですが。

なんだか大変なスポーツだな...とやればやるほど思うけれど、
これを好きで選んだのは自分なので。


pose_ganbarou_man.png


今年も懲りずにドイツ行ってきます。
応援してね☆


ダワ


posted by dawa at 19:28| フィギュアスケート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月12日

10周年記念イヤー

スケートをはじめたのが2006年、トリノ五輪のすぐあとだったので
早いものでもう、まる10年という月日が経ちました。
そういえばこのブログも10周年記念イヤーです!イヤーて。

anniversary10.png

いろいろなことがありました。

スケートを始めたばかりの頃の、もう何をしても楽しい時期。
毎日でも通いたいわくわくした気持ち。

新しい技をどんどん習得していくことができて、
スケートが楽しくて、スケートしたくてたまらなくて、
1日でリンクを2つ、はしごしたこともありました。

大会に出て、スケートの本当の難しさ、奥深さを知って心が折れそうになった時期。

震災の後、半年間スケートできなかった時期。

伊藤みどりさんとお会いして、ISUアダルトに出ます!と宣言して、
ドイツに向けて、ハードに練習に取り組んだ半年間。(詳細はこちらを参照)

その大会で優勝することができて、
ISUアダルト大会で初めて優勝した日本人男子になれた!という、この上ない達成感。
そして生で見れた、伊藤みどりさんの「篤姫」。

そのあとの燃え尽き症候群...ペアへの挑戦...計4回のドイツ遠征....
ここには到底書ききれない、いろいろなことが、紆余曲折がありました。

ice_skate_man.png


10年前のスケートブームで、同じ時期にスケートを習い始めた方々はほとんどやめてしまいましたが(現実そんなものです)
自分は、まあ、基本的にそれほど真面目ではなかったので、
真面目じゃなかったのが、逆に10年続いた理由かなと思います。
スケートのためにこの10年生きてきました!キラッ☆みたいなことは絶対言えないですし。


そして。
今はというと、それほどガツガツすることなく、
できることをできる範囲でやる、というスタンスに落ち着きました。
ま、基本滑るの楽しいし、運動になるから行っとこ、的な。
疲れたら帰るし、
できないならまたやればいいや、的な。
もちろん、大会の前の時期は追い込みますけどね。


誰にやらされてるわけでも、誰に期待されてるわけでもない、
全部自分でお金を出してやってるのだし、
特にスケートというのは誰かと争うような競技でもないので、(アダルトは特にそうです)
勝った負けたとか、順位にこだわるようなこともない。(アダルトは特にそうです)

それはすごく幸せな関わり方で、
ここ1、2年、自分はとても幸せなカタチでスケートをしている気がします。

love_man.png


あしたから、昨日のサカスの大会のウラ話をちょこちょこ書いていこうと思います。
ひさびさのブログ更新!




※全然関係ないですが、リンクを貼るためにひさびさに過去の記事を読みましたがなんかキャピキャピしてますね!今はダワもずいぶん落ち着きのある大人になりました(と思いたい)



posted by dawa at 19:58| フィギュアスケート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。