2015年12月31日

第37回紅白スケート合戦


第37回紅白スケート合戦


総合司会:小林 千鶴(J-sports)

実況: タラ・リピンスキー&ジョニー・ウィアー

※数字は出場回数

紅組


白組
 

紅組司会:八木沼 純子


白組司会:西岡 孝洋


ヴィヴィアン・リー

「風と共に去りぬ」


ミハイル・コリヤダ


「メロンのためいき」


エフゲーニャ・メドベージェワ

「涙はどこへいっタノ」

ボーヤン・ジン


「マロニーちゃん CMソング」


浅田 舞


「ママママイ体操」


アディアン・ピトキーエフ


「夏をあきらめて」


新・筋肉少女帯(オズモンド・デールマン・チャートランド)


「オーカナダ」


村上 大介


「マエケンサンバ U」



望結と高志郎、たまにタラソワ。


「マル・マル・モリ・モリ」


ネイサン・チェン


「妹じゃあるまいし」




〜つけてみて!〜

つけるだけ 歩くだけで痩せる魔法のパッド

大山式ボディメイクパッド即売会





実演販売員 : ニキータ・ボチコフ





ジェイソン・ブラウン


「ハーイ♡ジャパニーズピーポー」


エレーナ・ラジオノワ


「タイタニック」

3

佐々木 彰生&キム・ジンソ


「本能寺の変」


エリザヴェート・ツルシンバエワ&高橋美葉


「アジアの純真」


ハビエル・フェルナンデス


「映画『野郎どもと女たち』より」

2
安藤 美姫


「トリセツ。」 
 
11

アダム・リッポン


「すみれの花咲く頃」


アシュリー・ワグナー


「大阪で生まれた女」


マックス・アーロン


「イミテーションGGGGG
GGOOOOOOOOOOOO
OOOOOOOOOLLLLLL
LLLLLLLL!!!!!!!!!!!D」

2
アンナ・ポゴリラヤ featuring Maxim Kovtun


「ラッスンゴレライ」


アレクサンドル・スミルノフ


「おっぱいがいっぱい」


エレーネ・ゲデヴァニシヴィリ


「スキスキス―」



復活!ゆたかの部屋

〜ようこそKISS&CRY〜





ゲスト:チャーリーさんとホワイトさん





浅田 真央


「時の流れに身をまかせ」


小塚 崇彦


「CAT`S EYE」

3

ユリア・リプニツカヤ


「少女A」
 
デニス・テン

「きっと熱いくちびる 〜リメイン〜」

エリザベータ・タクタミシェワ


「熟女B」 
 

パトリック・チャン


「休みの午後」 
 

ミラ・リュン

「株式会社Google社歌 2015」
 

クリストファー・ボヤジ


「悩み無用〜あなたの髪きっとはえてくる〜」
 

マイア・シブタニ&アレックス・シブタニ


「リラックマのわたし」
 

ジョニー・ウィアー


「ジョニィへの伝言2015」
 

グレイシー・ゴールド

「火の鳥」


エバン・ライサチェック

「火の鳥」

 

本郷 理華&メリル・デイビス

「恋のインディアン人形」

 
エフゲニー・プルシェンコ

「チョット」

14

ティン・パン&ジャン・トン

「ふたりの愛ランド」


コンスタンティン・メンショフ&マリア・アルテミエワ

「FACE」


ベアトリサ・リャン

「人生一路」
 

羽生 結弦

「燃えろバルセロナ」





しくじり先生!

〜紅白スペシャル講義〜





1限目
講師:ブライアン・ジュベール先生
テーマ:「衣装」


2限目
講師:ステファン・ランビエール先生
テーマ:「赤ねこ」


3限目
講師:トーニャ・ハーディング先生
テーマ:「ケリガン」




生徒

織田信成 浅田舞 
バーバラ・フーザル=ポリ&マウリツィオ・マルガリオ 
オクサナ・バイウル ニコライ・モロゾフ
ツルスカヤ スルツカヤ 
佐野研二郎 なんかAKBの子 
オードリー若林 吉村崇(平成ノブシコブシ)







町田 樹


「継ぐ者:シューベルト(Franz Peter Schubert, 1797-1828)作曲「4つの即興曲 作品90/D899」 Art Direction:Atelier t.e.r.m Choreography:Tatsuki Machida Costume Plan: Atelier t.e.r.m Piano:Akira Imai Music Editor:Keiichi Yano Costume Production:Satomi Ito」 
 

エレナ・ベレズナヤ


「海を見ていたエレナ」
 
11

エルビス・ストイコ


「ライーヨー2015スペシャルメドレー」
 
18
サマンサ・ガーデラス

「津軽海峡・冬景色」


とにかく明るいマッテオ


「安心してください、はいてませんよ」
 

ユリア・サウター

「お尻バイオリン2015」 
 

とにかく明るいギヨーム


「安心してください、はいてませんよ」


佐藤 有香 with フレンズ

「恋するフォーチュンクッキー デトロイトVer」 


とにかく明るいアモディオ


「安心してください、はいてませんよ」
 

ユナ・キム

「平昌五輪音頭」
 

とにかく明るいキャンデロロ


「安心してください、はいてませんよ」

25
高山 睦美

「タキシード・ジャンクション」 

10

スティーブン・キャリエール


「ギンギラギンにさりげなく」
 

シャーリー・ヒューズ


「ヒップヒップチンチン」

92


審査員


雑誌「フィギュアスケートMemorial グランプリシリーズ2015 in グランプリファイナル」編集部のみなさん

雑誌「銀盤の騎士たち (Motor Magazine Mook カメラマン シリーズ)」編集部のみなさん

雑誌「ワールド・フィギュアスケート」編集部のみなさん

雑誌「フィギュアスケート銀盤のプリンス 羽生結弦 The Secret HISTORY」編集部のみなさん

雑誌「フィギュアスケートLife Vol.4」編集部のみなさん

雑誌「フィギュアスケートファン GPファイナルメモリアル」編集部のみなさん

雑誌「フィギュアスケートファン通信5」編集部のみなさん

雑誌「Sportiva 羽生結弦 Over the Top その先へ 2015フィギュアスケート グランプリシリーズ総集編」
編集部のみなさん

雑誌「フュギュアスケートジャパン 2015-2016 」編集部のみなさん

雑誌「銀盤の王子たち(5) 」編集部のみなさん

雑誌「フィギュアスケートファン2016」編集部のみなさん

雑誌「FIGURE SKATERS 2016年01月号」編集部のみなさん

雑誌「フィギュアスケート日本男子応援ブック vol.12 」編集部のみなさん

雑誌「anan (アンアン) 2015年 12月16日号」編集部のみなさん

雑誌「フィギュアスケート15-16中盤号」編集部のみなさん

雑誌「フィギュアスケートプリンス NHK杯国際フィギュアスケート」編集部のみなさん

雑誌「フィギュアスケートMemorial グランプリシリーズ2015 in スケートカナダ」編集部のみなさん

雑誌「フィギュアスケートファン通信4 」編集部のみなさん

雑誌「もっと知りたい! 日本男子フィギュア 銀盤ヒーローズ 」編集部のみなさん

雑誌「フィギュアスケート日本男子ファンブックQuadruple2016」編集部のみなさん

雑誌「フィギュアスケートSTARS―羽生結弦新たなる挑戦/GPシリーズ開幕!!銀盤を彩るプリンスたち」
編集部のみなさん

雑誌「フィギュアスケートプリンス スケートカナダ 結弦のGPシリーズ第一戦! 」編集部のみなさん

雑誌「フィギュアスケート日本男子応援ブック Vol.11」編集部のみなさん

雑誌「銀盤の王子たち(4) 」編集部のみなさん

雑誌「Sportiva 羽生結弦 新たなる飛翔 日本フィギュアスケート 2015-2016シーズンプレビュー」
編集部のみなさん

雑誌「フィギュアスケート・マガジン2015ー2016シーズンスタート―」編集部のみなさん

雑誌「フィギュアスケートファン通信 3 」編集部のみなさん

雑誌「フィギュアスケート日本男子応援ブック シーズン開幕号」編集部のみなさん

雑誌「フィギュアスケート応援団」編集部のみなさん

雑誌「フィギュアスケート男子ファンマガジン VOL.2」編集部のみなさん

雑誌「Ice Jewels Vol.01~フィギュアスケート・氷上の宝石~特集:羽生結弦選手」編集部のみなさん

雑誌「「羽生結弦選手」超特大ポスター付 LOVE!!日本男子フィギュア シーズン直前観戦マニュアル」
編集部のみなさん

雑誌「フィギュアスケート15-16シーズン展望号 」編集部のみなさん

雑誌「フィギュアスケート 2015-2016シーズンガイド」編集部のみなさん

雑誌「KISS & CRY~氷上の美しき勇者たち 日本男子フィギュアスケート TVで応援! BOOK 2015‐2016シーズンガイド」編集部のみなさん

雑誌「フィギュアスケートぴあ」編集部のみなさん

雑誌「フィギュアスケート2015-2016 シーズンオフィシャルガイドブック」編集部のみなさん

雑誌「フィギュアスケートLife Vol.3 」編集部のみなさん

雑誌「フィギュアスケートプリンス 2015ー2016 シーズン開幕 23人のプリンスたち」編集部のみなさん

雑誌「フィギュアスケートシーズンガイド! 2015-2016」編集部のみなさん

雑誌「FIGURE SKATING BEST SCENE」編集部のみなさん

雑誌「フィギュアスケートファン通信 2」編集部のみなさん

雑誌「フィギュアスケート日本男子応援ブロガーブック (フィギュアスケート日本男子応援ブック)」
編集部のみなさん

雑誌「銀盤の王子たち(3) 」編集部のみなさん

雑誌「フィギュアスケートファン通信」編集部のみなさん

雑誌「フィギュアスケート 日本男子応援ブック アイスショーSP It's Show Time!」編集部のみなさん

雑誌「フィギュアスケートサミット 2015-2016 日本男子の展望」編集部のみなさん

雑誌「フィギュアスケート日本代表2015メモリアル」編集部のみなさん

雑誌「もっと知りたい!日本男子フィギュア 銀盤のプリンス」編集部のみなさん

雑誌「フィギュアスケートLife vol.2 」編集部のみなさん

雑誌「フィギュアスケート日本男子応援ブック 2015総集編」編集部のみなさん



あき竹城さん  佐野量子さん  久保ミツロウさん  チンクワンタ






応援担当 : ケイトリン・ウィーバー


弁当担当 : 加藤泰平(テレビ朝日)


ライスト担当 : 樋口新葉


通訳担当 : 于小雨


アフターパーティ担当 : 真壁喜久夫


羽生結弦グッズ調達担当 : フモフモ編集長







posted by dawa at 00:00| フィギュアスケート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月24日

dawa's blog年末感謝祭2015

※人数に達したため、締め切りました。ご応募ありがとうございました!
※応募いただいた方全員に返信メールしましたが、届いてない!という方がもしいらっしゃったらお手数ですがメールいただけると幸いです!




メリークリスマス!

毎年恒例となりましたが、今年も、いつもブログを見てくださっている方(今年も後半は全然更新してなかったごめんなさい)やスケートを応援して下さった方へお礼の気持ちをこめまして、dawa's blog年末感謝祭!dawa's blog特製年賀状を先着10名様にプレゼント!いたします(全日本観戦者限定)。

もうこの企画9年目!来年でこの企画終わります!


ご応募は12/24(木)までに、

・お名前(ニックネーム可)
・日時(金/土/日)
・座席番号(〇席〇ブロック〇列〇番等、お間違えのないようにお願いします。アイクリ席等で席がまだわからない方は「未定」と記入して、当日席がわかり次第メールしてください〜)


以上3点を記入したメールを、dawa666666@yahoo.co.jpまで、お送りください


開演前もしくは休憩中に、その席まで特製年賀状をお届けいたします(もし不在の場合は席にそっと置いておくので、年賀状はほしいけどダワには会いたくないって方でも全然OK!)。ただしアリーナ席など、入場チェックがある席はたぶん入れないのでご了承を!


posted by dawa at 15:02| フィギュアスケート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月20日

ペアという経験

ペアなんて、簡単だと思っていました。


2年前、「ISU国際アダルト競技会 日本人男子シングル初の優勝」の称号を得たダワは
hyoshoshiki.png
(タナボタw)


新たなモチベーションを探していました。
そこで見つけたのは



「ペア!」



「ISU国際アダルト競技会のペア競技に初めて出場した日本人になりたい!」

と思ったのです。
なぜなら、大会のルールブックを読んだら「結構できそう」なことばかり。



ペアスピンなんて、組んで3回まわるだけ?
2、3回練習したらできそうじゃん!?

yoyupanda.jpg


スロージャンプなんて、投げるふりして、勝手に跳んでもらえばいいじゃん!?
yoyupanda.jpg


ピボットスパイラル(デススパイラルの簡易版)なんて、
勝手に滑ってもらって手を添えとくだけでいいじゃん!?

yoyupanda.jpg


リフトなんて、ただ持ち上げて1回転するだけ?
2、3回練習したらできそうじゃん!?

yoyupanda.jpg


サイドバイサイドのジャンプなんて、
跳ぶところを決めて、タイミング合わせて跳べばいいだけじゃん!?

yoyupanda.jpg




そう、ダワは完全に、ペアをナメていた。




しかし!




ご察しのとおり、実際はとんでもなかった。とんでもなかったのです。
フィギュアスケートは、見るのとやるのとでは大違い。
そんなことは、シングルの世界でも十二分に思い知っていたことなのに、
どうして気づかなかったのだろう。



以下現実
↓↓↓↓



ペアスピンなんて、組んで3回まわるだけ?
2、3回練習したらできそうじゃん!?


dekinai.jpg

とにかく、軸が全然つかめなかった。実はスピンがいちばん苦労して、どんなに練習しても2回転ちょっとしか回れない状態が最後まで続き、もう半分あきらめていました。しかし、ギリギリ本番4時間前の最後の練習で、アイスダンスの先輩たちにアドバイスをいただき、ようやく3回まわるようになったのです。まさにギリギリ。



スロージャンプなんて、投げるふりして、勝手に跳んでもらえばいいじゃん!?

dekinai.jpg

ダメ。「投げるふり」はジャッジは簡単に見抜くので、それだとエレメンツ認定はされないのです。スロージャンプは、自分が投げるタイミングと相手が踏み切るタイミング、すべてはタイミング。タイミング、合わない、合わない、合わない、合わない........



ピボットスパイラル(デススパイラルの簡易版)なんて、
手を添えとくだけでいいじゃん!?しかも1回まわすだけ?


dekinai.jpg

ピボットスパイラルは認定が厳しく、去年の大会でも半分以上のペアがノーカンになっていました。男性側がきちんとシットの姿勢(お尻が膝より下)にならないとエレメンツ認定されないのです。やってみても、まずシット姿勢になれないし、遠心力に負けてはね飛ばされること数百回。つらかった



リフトなんて、ただ持ち上げて1回転するだけ?
2、3回練習したらできそうじゃん!?


dekinai.jpg

リフトは実際やってみると意外と難しくないのですが、氷上で相手を落としたら大惨事になるので、絶対に失敗できない緊張感と恐怖感があり、僕がたくさん練習することを拒みました(オイオイ



サイドバイサイドのジャンプなんて、
跳ぶところを決めて、タイミング合わせて跳べばいいだけじゃん!?


dekinai.jpg

ペアの相手とジャンプの跳び方が違う(サルコウの入り方とか)ので、いつもシングルでやっているジャンプの入り方を修正する必要がありました。ジャンプの入り方を変えるのは、新しいジャンプを覚えるのと同じようなもの。しかも相手を見ながら飛んじゃダメ。大変。




このように、練習を重ねていくうちに、


ペアって、ものすごく、危険.............

ペアって、ものすごく、ハード..........

ペアって、ものすごく、男性側の責任が大きい..........



自分はなんという世界に気軽に飛び込んでしまったんだろう....と思いました。


am200.jpg

↑深夜2時のスケートリンクです。

そう、練習場所や練習時間を確保するのも、ひと苦労でした。
もちろん、混んでる一般滑走の時間に練習はできないので、平日昼間の早い時間帯とか、平日夜(仕事が終わった後)に貸切とか。つらかったのは深夜1時から2時まで(しかも仕事の後)の深夜貸切。普段はもう寝てる時間、体を無理やり起こすためにメガシャキやレッドブルなどを飲んでリンクに向かう。練習が終わった後も、深夜2時とかなので家に帰れない、カプセルホテルとかネカフェに泊まる、泊まって横になっても、カフェインでギンギンなので眠れない。眠れないまま始発の電車で家に帰り、仮眠して仕事。

始発待ちをしている時、高田馬場のドンキホーテって24時間営業なんだなぁ...ということを知ったりもしました(余談)。


そんなハードな日々に加え、自分は3月にピアノライブがあったので、その練習(35曲暗譜で2時間弾き続け)もあった。


panpan2.jpg

好きでやってることとはいえ....


panpan2.jpg

つらい.....


panpan2.jpg

毎日つらい.....



ストレス(と筋トレ)で、びっくりするくらい太りました。


でも、やめるわけにはいかなかった。


一度「やる」と言ったことを撤回するのは、絶対に、イヤだった。


順位とか、そういうのはもう、いい。ビリでもいい。

「怪我なく、怪我させることなく、出場すること」そして「全エレメンツをきちんと認定してもらうこと」

それだけを目指して滑りました。深夜の時間帯なのにもかかわらず、わざわざ来てくださり、色々なことを教えて下さった先生達にも本当に感謝、感謝です。


■ペア練 履歴
2014/7/23  ミーティング
2014/9/18 一般滑走練
2014/10/16 一般滑走練
2014/10/31 貸切練 2015-2145
2014/11/20 一般滑走練
2014/11/29 貸切練 2015-2145
2014/12/11 レッスン
2014/12/19 貸切練 2200-2330
2014/12/31 貸切練 2030-2130
2015/1/15  振付
2015/1/23  貸切練 2200-2330
2015/2/5  一般滑走練
2015/2/6  貸切練 2015-2145
2015/2/16  貸切練(深夜)2330-2430
2015/3/2  貸切練 2015-2145
2015/3/5  一般滑走練
(3/15ピアノライブ)
2015/4/12  貸切練 2015-2145
2015/4/20 貸切練(深夜)2445-2545
2015/4/30  レッスン
2015/5/4  貸切練 2015-2145
2015/5/11  深夜貸切練 2445-2545
2015/5/14  朝貸切練 0830-1000
2015/5/21  直前パッチ 1320-1410


結局、ふたりで合わせて練習できたのは全部で23回。
曲かけをしても、エレメンツをすべて成功させることは、最後まで一度もできませんでした。

そして5月、ドイツ、オーベルストドルフ。

obista.jpg


本番前はやっぱりこわくて、先輩にメールしたら、

2015-12-20_180110.jpg


という言葉を頂き、そうだな、今まで半年一緒にやってきてくれた相手に対して、感謝の思いを持って滑ろう、と思い、本番にのぞみました。曲は「Auld Lang Syne」。蛍の光です。


pa20159.jpg
♪Should auld acquaintance be forgot, And never brought to mind?


pa20151.jpg
♪Should auld acquaintance be forgot, And auld lang syne


pa20153.jpg
♪For auld lang syne, my dear,For auld lang syne


pa20156.jpg
♪We'll tak a cup o' kindness yet


pa20158.jpg
♪For auld lang syne



実は自分、真ん中のスパイラルあたりから記憶がありません。ゾーンに入ってた、とかそんなのではなく、ぱったりと記憶がないのです。「あ....もうスタミナがない...」と思ったのが最後。それから「無」になりました。気がついたら最後のピポットスパイラルで、曲が終わっていました。


なんか、うまくいったらしい......何が起きたかわからない......まま、みんな抱き合って、泣きあって、笑いあって、結果は.....



全エレメンツ認定!

2015-12-20_123655.jpg
マイナスいっぱいあるけど!


しかも5位!
(8組中)



練習では一度も通してできなかったのに、本番だけなぜかできたのです。やった!というより、「無事終わった.....涙」という、安心感の方が大きかったかな。


hyosho.jpg



これが、ダワの「ペアという経験」でした。




なんというか、今年のアダルト大会は、ここには書けないことが、自分も、自分以外の人もホントに色々なことがあって、ありすぎて、5日間ずっとジェットコースターに乗っていたような気分でした。

いつもだったら、帰国してすぐに「こんなことがありました〜楽しかった☆」とこのブログに書き綴っていましたが、今年はなかなかできなかった。それは、フィギュアスケートって何なんだろう?という畏怖にも似た思い(それは決してネガティブなものではなく)、それがずっと頭の中をぐるぐるしていて、気持ちの整理がつかなかったからです。


フィギュアスケートって、わからない。


絶対できる!って思ってのぞんでも、全然できなかったり。
無理だろうなぁ....って思ってのぞんだら、すべてうまくいったり。
無理だろうなぁ....って思ってのぞんだら、そのとおりボロボロになったり。



ホントに、何がどこにどう転ぶのかわからない、意味不明な世界です。わからないです。
だけど、なぜか、思いもよらない奇跡みたいな瞬間が不意にやってくる。
だから、おもしろいのかな。



ちなみに、今回の大会のことは、雑誌「ワールドフィギュアスケート70号」(荒川さんが表紙のやつ)に、野口さんが記事を書いてくださったので、お時間あるとき見てみてください〜


ws70.jpg


自分もアダルト大会に出てみたい....興味あるのだけど....という大人スケーターの方がもしいらっしゃいましたら、もし簡単な質問等でしたらできる限りお答えさせて頂きますので、その際はメールなり何なりいただければと思います。でも「フィギュアスケートって、なんなんでしょうね?」という質問は、「わかりません。その答えを見つけるためには、滑り続けなきゃいけないみたいです!」とお答えするしかないようです。笑





 
posted by dawa at 22:01| フィギュアスケート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月31日

第36回紅白スケート合戦


第36回紅白スケート合戦


総合司会:小林 千鶴(J-sports)

実況:松岡 修造

※数字は出場回数

紅組


白組
 

紅組司会:鈴木 明子


白組司会:織田 信成


セラフィマ・サハノヴィッチ

「タノしく タノしく やさしくね」


ギヨーム・シゼロン


「ありのままで」



エフゲーニャ・メドベージェワ


「うれしい!タノしい!だいすき!」

村上 大介


「それ行けカープ〜広島カープ球団歌〜」


ユリア・サウター


「お尻バイオリン」


マキシム・コフトゥン


「タラソワマジ感謝-Hip Hop Version-」

2

エリザベータ・タクタミシェワ


「17才」


アレクサンドル・サマリン with本田真凛


「アクアマリンのままでいて」



マリア・アルテミエワ


「部屋と彼シャツと私」


コンスタンティン・メンショフ


「パレード〜映画『寄生獣』主題歌〜」



〜ボクらの時代 紅白スペシャル対談〜


バレンティナ・マルケイ × ステファニア・ベルトン × オンドレイ・ホターレク



※イタリアより生中継



無良 崇人


「オペラ座の怪人」


クリスティーナ・チャコ


「オペラ座の怪人」

3

ポヴィラス・ヴァナガス&マルガリータ・ドロビアツコ


「オペラ座の怪人」

4
村上 佳菜子


「オペラ座の怪人」

3

神崎 範之


「オペラ座の怪人」

2
グレイシー・ゴールド


「オペラ座の怪人」 
 
3

織田 信成


「鈴木明子のまねで、オペラ座の怪人」

7
鈴木 明子


「オペラ座の怪人」


パトリック・チャン


「オペラ座の怪人」

2
キーラ・コルピ


「オペラ座の怪人」

2

アンドリュー・ポジェ&ケイトリン・ウィーバー


「オペラ座の怪人」


ティン・パン&ジャン・トン


「オペラ座の怪人」

5

高橋 大輔


「オペラ座の怪人」
 
9
中野 友加里


「オペラ座の怪人」

6

羽生 結弦


「キシリトールホワイトが、出たんだよ!」


5
メリル・デイビス&チャーリー・ホワイト


「オペラ座の怪人」

3


〜ツイキャス〜

村主 章枝



※中国より生中継


エレナ・ベレズナヤ


「海を見ていたエレナ」

10
ハン・ヤン


「もしも俺が金持ちだったなら」

2

サマンサ・セザリオ


「カルメン」
 
2
エバン・ライサチェク


「カルメン」
 
8

本郷 理華


「スリラー」
 
3
ブライアン・ジュベール


「ファッション・モンスター」
 
10

エレーナ・ソコロワ


「ありのままで」 
 
2
フローラン・アモディオ with フレンチ・スケーターズ


「ありのままで」 
 
3

エレーナ・ラジオノワ


「ソンビダンス」
 
2
アレクサンダー・ガジ&ネリ・ジガンジナ


「ゾンビ」
 
2

エレーネ・ゲデヴァニシヴィリ


「スキスキスー」

5
アレクサンドル・スミルノフ


「おっぱいがいっぱい」 
 
3

エレーナ・イリニフ&ルスラン・ジガンシン&ヴィクトリヤ・シニツィナ&ニキータ・カツァラポフ


「ミッドナイト・シャッフル」
 

キム・ルシーヌ&トマシュ・ベルネル&カロリーナ・コストナー


「スーパーマリオ」
 



〜スポーツ酒場語り亭 ロシアスペシャル〜


語り亭 ママ : タチアナ・タラソワ

アシスタント : ジャンナ・フォレ

ゲスト

ウラミジール・プーチン/アレクセイ・ミーシン/タマラ・モスクビナ
マイア・ウソワ/アレクサンドル・ズーリン
エフゲニー・プラトフ/オクサナ・グリシュク

タチアナ・ナフカ/ニコライ・モロゾフ/ユリア・リプニツカヤ/モロゾフの娘



※モスクワより生中継


ハビエル・フェルナンデス


「セヴィリアの理髪師」 
 

安藤 美姫


「糸」
 
10

佐野 稔


「さよなら、そしてアゲイン」 
 
31
高山 睦美


「タキシード・ジャンクション」

9

ジョニー・ウィアー


「ジョニィへの伝言」
 
8
ミラ・リュン


「株式会社Google社歌」 
 
7

エルビス・ストイコ


「ライーヨー2014スペシャルメドレー」
 
17
橋本 聖子


「今すぐKISS ME」 
 

ステファン・ランビエール


「POETA」

10
ベアトリサ・リャン


「珍島物語」

8

エフゲニー・プルシェンコ


「タンゴ・アモーレ」
 
13
サマンサ・ガーデラス


「津軽海峡冬景色」 
 
7

フィリップ・キャンデロロ


「ありのままで」
 
24
カタリナ・ヴィット


「ありのままで」
 
19

町田 樹


「極北スペシャルメドレー〜黒い瞳〜カサブランカ〜レジェンド・オブ・フォール〜ドンキホーテ〜ドント・ストップ・ミー・ナウ〜F・U・Y・A〜ロシュフォールの恋人たち〜エデンの東〜火の鳥〜白夜行〜ヴァイオリンと管弦楽のための幻想曲〜交響曲第9番(作曲:Ludwig van Beethoven/指揮:Leonard Bernstein/演奏:ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団1979年録音版)〜ジュ・トゥ・ヴー」
 
4
シャーリー・ヒューズ


「ゲラゲラポーのうた」
91


審査員


スポーツ遺伝子研究会のみなさん

チンクワンタ

桃鳥


posted by dawa at 00:00| フィギュアスケート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月24日

dawa's blog年末感謝祭2014

※人数に達したため、締め切りました。ご応募ありがとうございました!
※応募いただいた方全員に返信メールしましたが、届いてない!という方がもしいらっしゃったらお手数ですがメールいただけると幸いです!



毎年恒例となりましたが、今年も、いつもブログを見てくださっている方(今年も後半は全然更新してなかったスンマセン)やスケートを応援して下さった方へお礼の気持ちをこめまして、dawa's blog年末感謝祭!dawa's blog特製年賀状を先着10名様にプレゼント!いたします(全日本観戦者限定)。

ていうかもうこの企画8年目!10年は続けたい!


ご応募は12/25(木)までに、

・お名前(ニックネーム可)
・日時(金/土/日)
・座席番号(〇席〇ブロック〇列〇番等、お間違えのないようにお願いします。アイクリ席等で席がまだわからない方は「未定」と記入して、当日席がわかり次第メールしてください〜)


以上3点を記入したメールを、dawa666666@yahoo.co.jpまで、お送りください


開演前もしくは休憩中に、その席まで特製年賀状をお届けいたします(もし不在の場合は席にそっと置いておくので、年賀状はほしいけどダワには会いたくないって方でも全然OK!)。ただしアリーナ席など、入場チェックがある席はたぶん入れないのでご了承を!




posted by dawa at 00:00| フィギュアスケート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする