2015年12月20日

ペアという経験

ペアなんて、簡単だと思っていました。


2年前、「ISU国際アダルト競技会 日本人男子シングル初の優勝」の称号を得たダワは
hyoshoshiki.png
(タナボタw)


新たなモチベーションを探していました。
そこで見つけたのは



「ペア!」



「ISU国際アダルト競技会のペア競技に初めて出場した日本人になりたい!」

と思ったのです。
なぜなら、大会のルールブックを読んだら「結構できそう」なことばかり。



ペアスピンなんて、組んで3回まわるだけ?
2、3回練習したらできそうじゃん!?

yoyupanda.jpg


スロージャンプなんて、投げるふりして、勝手に跳んでもらえばいいじゃん!?
yoyupanda.jpg


ピボットスパイラル(デススパイラルの簡易版)なんて、
勝手に滑ってもらって手を添えとくだけでいいじゃん!?

yoyupanda.jpg


リフトなんて、ただ持ち上げて1回転するだけ?
2、3回練習したらできそうじゃん!?

yoyupanda.jpg


サイドバイサイドのジャンプなんて、
跳ぶところを決めて、タイミング合わせて跳べばいいだけじゃん!?

yoyupanda.jpg




そう、ダワは完全に、ペアをナメていた。




しかし!




ご察しのとおり、実際はとんでもなかった。とんでもなかったのです。
フィギュアスケートは、見るのとやるのとでは大違い。
そんなことは、シングルの世界でも十二分に思い知っていたことなのに、
どうして気づかなかったのだろう。



以下現実
↓↓↓↓



ペアスピンなんて、組んで3回まわるだけ?
2、3回練習したらできそうじゃん!?


dekinai.jpg

とにかく、軸が全然つかめなかった。実はスピンがいちばん苦労して、どんなに練習しても2回転ちょっとしか回れない状態が最後まで続き、もう半分あきらめていました。しかし、ギリギリ本番4時間前の最後の練習で、アイスダンスの先輩たちにアドバイスをいただき、ようやく3回まわるようになったのです。まさにギリギリ。



スロージャンプなんて、投げるふりして、勝手に跳んでもらえばいいじゃん!?

dekinai.jpg

ダメ。「投げるふり」はジャッジは簡単に見抜くので、それだとエレメンツ認定はされないのです。スロージャンプは、自分が投げるタイミングと相手が踏み切るタイミング、すべてはタイミング。タイミング、合わない、合わない、合わない、合わない........



ピボットスパイラル(デススパイラルの簡易版)なんて、
手を添えとくだけでいいじゃん!?しかも1回まわすだけ?


dekinai.jpg

ピボットスパイラルは認定が厳しく、去年の大会でも半分以上のペアがノーカンになっていました。男性側がきちんとシットの姿勢(お尻が膝より下)にならないとエレメンツ認定されないのです。やってみても、まずシット姿勢になれないし、遠心力に負けてはね飛ばされること数百回。つらかった



リフトなんて、ただ持ち上げて1回転するだけ?
2、3回練習したらできそうじゃん!?


dekinai.jpg

リフトは実際やってみると意外と難しくないのですが、氷上で相手を落としたら大惨事になるので、絶対に失敗できない緊張感と恐怖感があり、僕がたくさん練習することを拒みました(オイオイ



サイドバイサイドのジャンプなんて、
跳ぶところを決めて、タイミング合わせて跳べばいいだけじゃん!?


dekinai.jpg

ペアの相手とジャンプの跳び方が違う(サルコウの入り方とか)ので、いつもシングルでやっているジャンプの入り方を修正する必要がありました。ジャンプの入り方を変えるのは、新しいジャンプを覚えるのと同じようなもの。しかも相手を見ながら飛んじゃダメ。大変。




このように、練習を重ねていくうちに、


ペアって、ものすごく、危険.............

ペアって、ものすごく、ハード..........

ペアって、ものすごく、男性側の責任が大きい..........



自分はなんという世界に気軽に飛び込んでしまったんだろう....と思いました。


am200.jpg

↑深夜2時のスケートリンクです。

そう、練習場所や練習時間を確保するのも、ひと苦労でした。
もちろん、混んでる一般滑走の時間に練習はできないので、平日昼間の早い時間帯とか、平日夜(仕事が終わった後)に貸切とか。つらかったのは深夜1時から2時まで(しかも仕事の後)の深夜貸切。普段はもう寝てる時間、体を無理やり起こすためにメガシャキやレッドブルなどを飲んでリンクに向かう。練習が終わった後も、深夜2時とかなので家に帰れない、カプセルホテルとかネカフェに泊まる、泊まって横になっても、カフェインでギンギンなので眠れない。眠れないまま始発の電車で家に帰り、仮眠して仕事。

始発待ちをしている時、高田馬場のドンキホーテって24時間営業なんだなぁ...ということを知ったりもしました(余談)。


そんなハードな日々に加え、自分は3月にピアノライブがあったので、その練習(35曲暗譜で2時間弾き続け)もあった。


panpan2.jpg

好きでやってることとはいえ....


panpan2.jpg

つらい.....


panpan2.jpg

毎日つらい.....



ストレス(と筋トレ)で、びっくりするくらい太りました。


でも、やめるわけにはいかなかった。


一度「やる」と言ったことを撤回するのは、絶対に、イヤだった。


順位とか、そういうのはもう、いい。ビリでもいい。

「怪我なく、怪我させることなく、出場すること」そして「全エレメンツをきちんと認定してもらうこと」

それだけを目指して滑りました。深夜の時間帯なのにもかかわらず、わざわざ来てくださり、色々なことを教えて下さった先生達にも本当に感謝、感謝です。


■ペア練 履歴
2014/7/23  ミーティング
2014/9/18 一般滑走練
2014/10/16 一般滑走練
2014/10/31 貸切練 2015-2145
2014/11/20 一般滑走練
2014/11/29 貸切練 2015-2145
2014/12/11 レッスン
2014/12/19 貸切練 2200-2330
2014/12/31 貸切練 2030-2130
2015/1/15  振付
2015/1/23  貸切練 2200-2330
2015/2/5  一般滑走練
2015/2/6  貸切練 2015-2145
2015/2/16  貸切練(深夜)2330-2430
2015/3/2  貸切練 2015-2145
2015/3/5  一般滑走練
(3/15ピアノライブ)
2015/4/12  貸切練 2015-2145
2015/4/20 貸切練(深夜)2445-2545
2015/4/30  レッスン
2015/5/4  貸切練 2015-2145
2015/5/11  深夜貸切練 2445-2545
2015/5/14  朝貸切練 0830-1000
2015/5/21  直前パッチ 1320-1410


結局、ふたりで合わせて練習できたのは全部で23回。
曲かけをしても、エレメンツをすべて成功させることは、最後まで一度もできませんでした。

そして5月、ドイツ、オーベルストドルフ。

obista.jpg


本番前はやっぱりこわくて、先輩にメールしたら、

2015-12-20_180110.jpg


という言葉を頂き、そうだな、今まで半年一緒にやってきてくれた相手に対して、感謝の思いを持って滑ろう、と思い、本番にのぞみました。曲は「Auld Lang Syne」。蛍の光です。


pa20159.jpg
♪Should auld acquaintance be forgot, And never brought to mind?


pa20151.jpg
♪Should auld acquaintance be forgot, And auld lang syne


pa20153.jpg
♪For auld lang syne, my dear,For auld lang syne


pa20156.jpg
♪We'll tak a cup o' kindness yet


pa20158.jpg
♪For auld lang syne



実は自分、真ん中のスパイラルあたりから記憶がありません。ゾーンに入ってた、とかそんなのではなく、ぱったりと記憶がないのです。「あ....もうスタミナがない...」と思ったのが最後。それから「無」になりました。気がついたら最後のピポットスパイラルで、曲が終わっていました。


なんか、うまくいったらしい......何が起きたかわからない......まま、みんな抱き合って、泣きあって、笑いあって、結果は.....



全エレメンツ認定!

2015-12-20_123655.jpg
マイナスいっぱいあるけど!


しかも5位!
(8組中)



練習では一度も通してできなかったのに、本番だけなぜかできたのです。やった!というより、「無事終わった.....涙」という、安心感の方が大きかったかな。


hyosho.jpg



これが、ダワの「ペアという経験」でした。




なんというか、今年のアダルト大会は、ここには書けないことが、自分も、自分以外の人もホントに色々なことがあって、ありすぎて、5日間ずっとジェットコースターに乗っていたような気分でした。

いつもだったら、帰国してすぐに「こんなことがありました〜楽しかった☆」とこのブログに書き綴っていましたが、今年はなかなかできなかった。それは、フィギュアスケートって何なんだろう?という畏怖にも似た思い(それは決してネガティブなものではなく)、それがずっと頭の中をぐるぐるしていて、気持ちの整理がつかなかったからです。


フィギュアスケートって、わからない。


絶対できる!って思ってのぞんでも、全然できなかったり。
無理だろうなぁ....って思ってのぞんだら、すべてうまくいったり。
無理だろうなぁ....って思ってのぞんだら、そのとおりボロボロになったり。



ホントに、何がどこにどう転ぶのかわからない、意味不明な世界です。わからないです。
だけど、なぜか、思いもよらない奇跡みたいな瞬間が不意にやってくる。
だから、おもしろいのかな。



ちなみに、今回の大会のことは、雑誌「ワールドフィギュアスケート70号」(荒川さんが表紙のやつ)に、野口さんが記事を書いてくださったので、お時間あるとき見てみてください〜


ws70.jpg


自分もアダルト大会に出てみたい....興味あるのだけど....という大人スケーターの方がもしいらっしゃいましたら、もし簡単な質問等でしたらできる限りお答えさせて頂きますので、その際はメールなり何なりいただければと思います。でも「フィギュアスケートって、なんなんでしょうね?」という質問は、「わかりません。その答えを見つけるためには、滑り続けなきゃいけないみたいです!」とお答えするしかないようです。笑





 
posted by dawa at 22:01| フィギュアスケート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月15日

東京ライブ2015終了!

東京ライブ2015、無事終了しました!

live20152.png

live20151.png


ご来場ありがとうございました!
たくさんのプレゼントも、ありがとうございました!

2015-03-15.png


今回のプログラムはこんな感じでした。
■1部
・Opening〜ライストが動かない〜
・オペラ座の怪人
  ・Angel of the music
  ・Think of me
  ・All I Ask of You
  ・The Point of No Return
  ・Music of the night
・LET IT GO〜ありのままで〜
・「四季」より「冬」 第1&2楽章
・ブエノスアイレスの冬
・吹雪
・津軽海峡冬景色
・Caruso&恋人よ ミックスバージョン
・黄昏のワルツ
・鐘
・オネスティ
・ガブリエルのオーボエ
・タイスの瞑想曲
・マダム・バタフライ
・バラード第1番ト短調Op.23

■2部
・瀬戸内寂聴のスケート法話 Part2
・極北メドレー
  ・レジェンド・オブ・フォール
  ・エデンの東
  ・火の鳥
  ・白夜を行く
  ・ヴァイオリンと管弦楽のためのファンタジア
  ・交響曲第9番
  ・ジュ・トゥ・ヴー
・DTメモリアル
  ・キッシング・ユー
  ・Luv Letter
  ・ある恋の物語
  ・ヴァイオリンのためのソナチネ
  ・ビートルズ・メドレー
  ・道 –LA STRADA-

■アンコール
  ・愛の讃歌
  ・愛の夢



また機会がありましたら、どうぞよろしくお願いします!
ちょっと休んだら、今度は滑る方のスケート、5月のドイツの大会目指して邁進していきたいと思います!



posted by dawa at 21:10| フィギュアスケート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月14日

東京ライブ行き方&プログラム確定

いよいよあした日曜日、3/15は1年ぶりの東京ライブ!
ということで、場所の詳細をお知らせします。
高田馬場駅から3~4分ほどで着きます。

gaiyou.jpg


☆高田馬場駅からのアクセス詳細

1.高田馬場駅の早稲田口を出ます。
takada.jpg


2.改札から見て左に行きます(早稲田大とは逆方向。)
takada2.jpg


3.駅から10メートルくらいの場所に「さかえ通り」の商店街の入り口があるので、そこに入ります。
takada3.jpg


4.商店街はおいしそうな食べ物屋さんがたくさん!
takada4.jpg


5.和食洋食中華エスニック、何でもあり〜
takada5.jpg


6.3分くらい歩くと、商店街の終わりの方に「東京電設サービス」という看板があるので、そこの手前で左折します。
takada5-1.jpg

目印は東京電設サービス!
takada6.jpg


7.5メートルくらい先に「エビス」という居酒屋があって、木箱が並んでいます。そこのビルの5階が四谷天窓comfortです。
takada7.jpg


8.入口はこちら!エレベーターで5階まで上がってください。
takada8.jpg

GoogleMapはこちら
http://goo.gl/maps/flhwN

公式のページもどうぞー。
http://www.otonami.com/comfort/map/index.htm



【dawa's blog presents Figure Skating Music PIANO LIVE Vol.11〜上海ワールド直前SP!〜】

●日時
2015/3/15(日)
13:00開場/13:30開演

●場所
四谷天窓comfort(JR高田馬場駅徒歩3分)
http://www.otonami.com/comfort/map/index.htm

●料金
2,000円(全席自由)
※別途ドリンクチャージ(600円)がかかります。
※お支払いは当日受付にて

●演奏予定曲
1.Opening
2.オペラ座の怪人メドレー
  ・Angel of the music
  ・Think of me
  ・All I Ask of You
  ・The Point of No Return
  ・Music of the night
3.フィギュアスケート 冬の名曲特集
  ・LET IT GO〜ありのままで〜
  ・「四季」より「冬」 第1&2楽章
  ・ブエノスアイレスの冬
  ・吹雪 他
4.リクエスト曲特集
  ・カルーゾ
  ・黄昏のワルツ
  ・鐘
  ・ガブリエルのオーボエ
  ・タイスの瞑想曲
  ・マダム・バタフライ
5.バラード第1番ト短調Op.23
6.瀬戸内寂聴のスケート法話 Part2
7.極北メドレー
  ・レジェンド・オブ・フォール
  ・エデンの東
  ・火の鳥
  ・白夜を行く
  ・ヴァイオリンと管弦楽のファンタジア
  ・交響曲第9番
  ・ジュ・トゥ・ヴー
8.メモリアル
  ・キッシング・ユー
  ・Luv Letter
  ・ある恋の物語
  ・ビートルズ・メドレー
  ・道 –LA STRADA-

※曲目は変更する可能性があります。


ご予約された方、お待ちしております!


posted by dawa at 01:09| フィギュアスケート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月01日

ピアノライブ、本日お申し込み受付開始!

tokyolive2015.jpg

フィギュアスケートミュージックピアノライブ2015、開催までいよいよあと1ヵ月半となりました。
本日2/1より、以下のページにてお申込み受付開始します!

◆3/15東京ライブお申し込み受付フォーム
https://ws.formzu.net/fgen/S44510254/

※満席となりました!ありがとうございます!キャンセルが出次第、またお知らせ致します



携帯メールでお申し込みの場合、携帯の設定により受付確認メール(PCメール)が届かない場合があります。お手数ですが、事前にdawa666666@yahoo.co.jpのメールアドレスを受信許可設定していただくようお願い致します。もし確認メールが届かなかった場合、dawa666666@yahoo.co.jpまでメール頂けると幸いです。


よろしくお願いします!


posted by dawa at 10:00| フィギュアスケート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月31日

第36回紅白スケート合戦


第36回紅白スケート合戦


総合司会:小林 千鶴(J-sports)

実況:松岡 修造

※数字は出場回数

紅組


白組
 

紅組司会:鈴木 明子


白組司会:織田 信成


セラフィマ・サハノヴィッチ

「タノしく タノしく やさしくね」


ギヨーム・シゼロン


「ありのままで」



エフゲーニャ・メドベージェワ


「うれしい!タノしい!だいすき!」

村上 大介


「それ行けカープ〜広島カープ球団歌〜」


ユリア・サウター


「お尻バイオリン」


マキシム・コフトゥン


「タラソワマジ感謝-Hip Hop Version-」

2

エリザベータ・タクタミシェワ


「17才」


アレクサンドル・サマリン with本田真凛


「アクアマリンのままでいて」



マリア・アルテミエワ


「部屋と彼シャツと私」


コンスタンティン・メンショフ


「パレード〜映画『寄生獣』主題歌〜」



〜ボクらの時代 紅白スペシャル対談〜


バレンティナ・マルケイ × ステファニア・ベルトン × オンドレイ・ホターレク



※イタリアより生中継



無良 崇人


「オペラ座の怪人」


クリスティーナ・チャコ


「オペラ座の怪人」

3

ポヴィラス・ヴァナガス&マルガリータ・ドロビアツコ


「オペラ座の怪人」

4
村上 佳菜子


「オペラ座の怪人」

3

神崎 範之


「オペラ座の怪人」

2
グレイシー・ゴールド


「オペラ座の怪人」 
 
3

織田 信成


「鈴木明子のまねで、オペラ座の怪人」

7
鈴木 明子


「オペラ座の怪人」


パトリック・チャン


「オペラ座の怪人」

2
キーラ・コルピ


「オペラ座の怪人」

2

アンドリュー・ポジェ&ケイトリン・ウィーバー


「オペラ座の怪人」


ティン・パン&ジャン・トン


「オペラ座の怪人」

5

高橋 大輔


「オペラ座の怪人」
 
9
中野 友加里


「オペラ座の怪人」

6

羽生 結弦


「キシリトールホワイトが、出たんだよ!」


5
メリル・デイビス&チャーリー・ホワイト


「オペラ座の怪人」

3


〜ツイキャス〜

村主 章枝



※中国より生中継


エレナ・ベレズナヤ


「海を見ていたエレナ」

10
ハン・ヤン


「もしも俺が金持ちだったなら」

2

サマンサ・セザリオ


「カルメン」
 
2
エバン・ライサチェク


「カルメン」
 
8

本郷 理華


「スリラー」
 
3
ブライアン・ジュベール


「ファッション・モンスター」
 
10

エレーナ・ソコロワ


「ありのままで」 
 
2
フローラン・アモディオ with フレンチ・スケーターズ


「ありのままで」 
 
3

エレーナ・ラジオノワ


「ソンビダンス」
 
2
アレクサンダー・ガジ&ネリ・ジガンジナ


「ゾンビ」
 
2

エレーネ・ゲデヴァニシヴィリ


「スキスキスー」

5
アレクサンドル・スミルノフ


「おっぱいがいっぱい」 
 
3

エレーナ・イリニフ&ルスラン・ジガンシン&ヴィクトリヤ・シニツィナ&ニキータ・カツァラポフ


「ミッドナイト・シャッフル」
 

キム・ルシーヌ&トマシュ・ベルネル&カロリーナ・コストナー


「スーパーマリオ」
 



〜スポーツ酒場語り亭 ロシアスペシャル〜


語り亭 ママ : タチアナ・タラソワ

アシスタント : ジャンナ・フォレ

ゲスト

ウラミジール・プーチン/アレクセイ・ミーシン/タマラ・モスクビナ
マイア・ウソワ/アレクサンドル・ズーリン
エフゲニー・プラトフ/オクサナ・グリシュク

タチアナ・ナフカ/ニコライ・モロゾフ/ユリア・リプニツカヤ/モロゾフの娘



※モスクワより生中継


ハビエル・フェルナンデス


「セヴィリアの理髪師」 
 

安藤 美姫


「糸」
 
10

佐野 稔


「さよなら、そしてアゲイン」 
 
31
高山 睦美


「タキシード・ジャンクション」

9

ジョニー・ウィアー


「ジョニィへの伝言」
 
8
ミラ・リュン


「株式会社Google社歌」 
 
7

エルビス・ストイコ


「ライーヨー2014スペシャルメドレー」
 
17
橋本 聖子


「今すぐKISS ME」 
 

ステファン・ランビエール


「POETA」

10
ベアトリサ・リャン


「珍島物語」

8

エフゲニー・プルシェンコ


「タンゴ・アモーレ」
 
13
サマンサ・ガーデラス


「津軽海峡冬景色」 
 
7

フィリップ・キャンデロロ


「ありのままで」
 
24
カタリナ・ヴィット


「ありのままで」
 
19

町田 樹


「極北スペシャルメドレー〜黒い瞳〜カサブランカ〜レジェンド・オブ・フォール〜ドンキホーテ〜ドント・ストップ・ミー・ナウ〜F・U・Y・A〜ロシュフォールの恋人たち〜エデンの東〜火の鳥〜白夜行〜ヴァイオリンと管弦楽のための幻想曲〜交響曲第9番(作曲:Ludwig van Beethoven/指揮:Leonard Bernstein/演奏:ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団1979年録音版)〜ジュ・トゥ・ヴー」
 
4
シャーリー・ヒューズ


「ゲラゲラポーのうた」
91


審査員


スポーツ遺伝子研究会のみなさん

チンクワンタ

桃鳥


posted by dawa at 00:00| フィギュアスケート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする