2014年06月22日

Memories of Oberstdorf2014 その5 〜ドーン!・オブ・ザ・デッド〜

そして不安を抱えたままでのぞんだ初日のフリーは、散々なものでした。


ドーン!!

dooon.jpg


ドーン!!

dooon2.jpg


ドーン!!

ドーン.jpg




得意中の得意で、今まで大会で転倒なんてしたことがなかったフリップでまさかの転倒。次のルッツはなんとか決まったものの、コンビネーションにならない。スピン不認定。サルコウループも転倒。コンビネーションがひとつも入らない。とにかくスケートが全然滑らない!転倒ディダクション2。


なんじゃこりゃあぁぁ!!!

nannjakorya.jpg

と叫びたくなるような出来でした。


でも、いいこともあったのです。課題のルッツがちゃんと跳べたこと。しかもエッジエラーを取られなかったこと。レイバックスピンがなぜか認定されていたこと(これは自分でもなぜ認定されたのか分からない)。そして、スケーティングスキルはじめ、PCSが去年よりもアップしてたこと。コリオグラフィー(さすが先生!)とインタープリテーション(曲の解釈)は3点台も出たこと。取り組んできたことは、ちゃんと成果として表れてるんだな、と思いました。

pcs.jpg


出発前にTwitterでつぶやいてた、自分の目標は達成できてたんだ......と。

twimok.jpg



終わってすぐプロトコルを見て、


行く前は表彰台なんてほど遠いと思ってたけど・・・
きちんとジャンプさえ入ってたら・・・
3位だったのか・・・


ということがわかり(スケートに「たられば」は禁物ですが)、そこからいろんな思いがこみ上げてきました




つづく




posted by dawa at 21:21| コンペティション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月21日

Memories of Oberstdorf2014 その4 〜傷だらけのローラ〜

1年ぶりのオーベルストドルフ。大自然に囲まれ、相変わらず素敵な街(村)でした。

ovi1.jpg

会場のリンク。ここに戻ってこれたんだな〜と感激!ヒデキ感激!

rink1.jpg

rink2.jpg

オープニングセレモニーは、今回は氷上ではなく、いつもバンケットをやっている会場で行われました。

opening1.jpg


そして翌日。いよいよ大会本番です。
公式練習は朝の9時5分から15分間。本番のメインリンクで滑りました。

koushiki.jpg

氷も相変わらず素晴らしく、ジャンプもバンバン決まるし、
ものすごく調子がよかったのです!
着いたばっかりなのに、こんな調子よくてどうしよう〜って感じで


これ、このままの勢いで行けるかも〜〜〜!

okok.jpg


オッケー!オッケー!ウフフ

okok.jpg



なんてローラ並にハッピーな気分でウキウキしながら、そのまま、10時からのサブリンクでのパッチ(曲かけ練習)に移動。
これまたジャンプもバンバン決まるし、絶好調!!


オッケー!オッケー!ウフフ

okok.jpg




と思いきや!!

uwawa.jpg

uwawa.jpg



突然の肉離れ!!!!

kibyou.png


痛いぃぃぃぃ!!!!

kibyou.png





オッケーオッケー☆のローラから一転、傷だらけのローラに!
notokok.jpg
♪ローラ〜。゚・('A`)・゚。




幸い軽症だったので、すぐに練習を切り上げてマッサージなどを行い、ホテルに帰ってシャワーで患部を温めたりして応急処置しました。
きっと到着したばかりでテンションが上がってたけど、体は長旅で疲れてたのかな・・・体が気持ちについてこれなかったのかな・・・と。



('A`)......でもこんな直前にケガなんて......('A`)

('A`)......どうしよう......('A`)

('A`)......でも滑れないほどの痛みではないし......('A`)

('A`)......痛めたの左足だからジャンプは右足でちゃんと降りれるはず......('A`)

('A`)......やるしかない......('A`)

('A`)......けど......('A`)





大会前には思いもよらないことが何かしら起こるものですが、さすがに足を痛めたのははじめて。どうしよう・・・どうなるんだろうか・・・と不安を抱えたまま衣装に着替え、会場に乗り込みました。




つづく



posted by dawa at 22:31| コンペティション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月17日

Memories of Oberstdorf2014 その3 〜試合前日にロング・ジャーニー〜

前回はミュンヘン経由でオーベルストドルフ入りしましたが、今回はパリ経由にしました(土曜の夜に出発する必要があったのと、TGVに乗ってみたかったから。通常はみんなミュンヘン経由で行きます)。


■5/24(土)22:30 羽田発

lj1.jpg

エールフランスの深夜便で、およそ12時間のフライト。到着した次の日にはもう本番なので、絶対に時差ボケになるわけにはいかない。ということで、前年の反省(悪夢)を踏まえ、アイマスク(ちゃんとしたやつ。光を通さないやつ。)、ネックピロー(無印のビーズクッション)、ドリエル、の睡眠3点セットを用意。そして座席はプレミアムエコノミーにアップグレード。おかげでゆったり眠れて大成功!大会期間中、時差ボケに悩まされることはありませんでした。人って学習するんだね!

lj2.jpg

シャンパンも出た

lj3.jpg

びっくりしたのが、機内食(朝食)。クロワッサンにコッペパンにワッフルにパンケーキにって、どんだけ〜〜!


■5/24(日)4:00 パリCDG空港着

早朝に着いたので、電車が動く時間まで2時間、空港ロビーで待機しました。
iPadで映画「道」とか見てた。


■5/24(日)6:06 CDG空港→パリ市内

lj4.jpg

パリ市内へアクセスするのに、早朝と深夜はRER(電車)は治安が良くないから使わないほうがいい、と聞いてたのですが、安いし、どんなもんか見てみたかったので乗りました。

lj5.jpg

確かにちょっと雰囲気が変な感じ。誰もいないし...

lj6-2.jpg

シートも落書きだらけ


■5/24(日)7:25 パリ東駅→シュツットガルト

lj6.jpg

憧れのTGV(日本でいう新幹線みたいなの)に乗って、フランスからドイツに入国しました。

lj8.jpg

ゆったりした座席で、素晴らしかったです。

lj7.jpg

食事も出る!


■5/24(日)11:58 シュツットガルト→Ulm

lj10.jpg

ユーロシティー(特急電車)で1時間ほど。ひたすら南下します。


■5/24(日)13:17 Ulm→オーベルストドルフ

lj12.jpg

引き続き南下。ひたすらのどかな景色


■5/24(日)15:19

lj11.jpg


日本から約24時間。パリから約12時間のロングジャーニー。

obmap.jpg

無事、オーベルストドルフに到着しました!試合本番はいきなり明日!OH MY GOD!



つづく



posted by dawa at 23:57| コンペティション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月16日

Memories of Oberstdorf2014 その2 〜燃え尽きからの脱出〜

また大会に出るためにやらなきゃいけないことは山ほどありました。昨年はブロンズクラスだったけど、運よく優勝してしまったし、次出るならひとつレベルをあげてシルバークラス、と思っていたのですが、下記の表の通り、シルバーのレベルは思った以上に大変なのでした。

■ISUアダルト大会の必須要素(2014年時点)
カテゴリ 演技時間 ジャンプ 実施可能なジャンプ スピン スピン必須要素 ステップ
マスター
(元選手向け)
3:10
7つ
制限なし
3つ
CoSp/足換え/Flying spins必須
StSq
ゴールド
2:40
6つ
2Lo/2S/2T/1A/1Lz
1F/1Lo/1S/1T
3つ
CoSp/足換え/Flying spins必須
ChSq
シルバー
2:10
5つ
1A/1Lz/1F/1Lo/1S/1T
3つ
CoSp必須
ChSq
ブロンズ
1:50
4つ
1Lz/1F/1Lo/1S/1T
2つ
Flying spins禁止
ChSq
Artistic
1:40
2つ
シングルジャンプのみ
2つ
なし
-

必須エレメンツも増える。2分10秒の中で9つのエレメンツをこなすだけのスタミナも必要。何より、一番大事なスケーティングスキルをそのレベルまでもっていかないといけない。

大人スケーターの方はよくわかっていただけると思うのですが、大人になってはじめるスケートは、3歩進んで4歩下がる、なんてことはざらにあるわけです。ZARA。今までできてたのに、なんで急にできなくなるの??なんてことは当たり前。そんな状況の中で、3歩進んで2.9歩下がった、その小さな小さな0.1歩を積み重ねて、ちょっとずつ進歩していくのが大人スケーターズの世界だと思うのです。なんて果てしない世界なんでしょうか!

僕もその果てしなさ、簡単な言葉で言えば「壁」にぶちあたって、モチベーションをどこに持っていけばいいのか分からず、スケートが楽しくなくなっていたのだと思います。

でもそんな中で、気持ちを立て直すきっかけになったのは、先生にすごくいいプログラム「道-LA STRADA-」&「MONKEY MAGIC」を作っていただいたことでした。この楽しいプログラムを絶対に完成させたいと思った!(でも冷静に考えて2年はかかると思った....)。

あと、NHK杯や東日本、GPF、全日本などを見に行って、「スケートってやっぱり楽しいものなんだ」ということを思い出したこと。あともちろん、世界のいろんな場所で同じように大変な思いをしながらもスケートに打ち込んでいる、Oberstdorfでお会いした大人スケーターの皆さんの姿をFacebookなどで見て、自分もしっかりしないと!と素直に思えたことも大きかったです。

そしてようやく気持ちを取り戻したのが大会5ヶ月前。年明けになってからでした。長い長いトンネルでした。

でもやはり、壁を乗り越えるのは難しかった。スピンもレイバックを新たに取り入れようとしたけど、とてもとても認定されるレベルではなかったし、eマークをとられたルッツの矯正も大変!ジャンプもあり得ないくらい行方不明になる。地味にハーフサークルをひたすら描き続ける日々。


panpan2.jpg

こんなんで大丈夫なのかな.....

panpan2.jpg

シルバークラスうまい人たくさんいるし.....

panpan2.jpg

表彰台なんてとても狙えないし....

panpan2.jpg

前みたいに順位を気にしてガチガチになるのはもうイヤだし......

panpan2.jpg

とりあえず、飲むか......



と、練習後にHUBに行き、フィッシュ&チップスをバリバリ食べて、お酒を飲んだりしてるうちに・・・・・


うちに・・・・・






体重がパーソナルベスト更新!!

kibyou.png

そんなとこでPB更新しなくていいから!!

kibyou.png


こんなふうに、果てしなく迷いながらスケートを続けていた1年間。
出発前は「もう順位は気にせず、楽しく滑れたらそれでいいや!」みたいなことをよく言ってたのですが、その甘い言葉が、のちの惨事を引き起こすことになるのでした。




つづく



posted by dawa at 20:55| コンペティション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月15日

Memories of Oberstdorf2014 その1 〜燃え尽き症候群・その後〜

1年前のISUアダルト大会in Oberstdorf。大会の様子は1年前にブログに書きましたが(こちらを参照)


なんかホントに来ちゃった!!!!!
━━━d(*゚∀゚*)b━━━

はじめてのヨーロッパ!!!!!!!
━━━d(*゚∀゚*)b━━━

オーベルストドルフキレイ!!!!!
━━━d(*゚∀゚*)b━━━

楽しい!!!!!!!!!!!!!!
━━━d(*゚∀゚*)b━━━

氷すごい!!!!!!!!!!!!!
━━━d(*゚∀゚*)b━━━

なんか優勝した!!!!!!!!!!
━━━d(*゚∀゚*)b━━━

素敵なひとたちがいっぱい!!!!!
━━━d(*゚∀゚*)b━━━

みどりさんすごい!!!!!!!!!
━━━d(*゚∀゚*)b━━━

スケートやっててよかった!!!!!
━━━d(*゚∀゚*)b━━━

終わった!!もう帰国!!!!!!!
━━━d(*゚∀゚*)b━━━



と、まさにハイテンションで駆け抜けた、ジェットコースターのような5日間。

しかし、帰国後に待っていたのは、果てしない燃え尽き感でした。


masshironahai.jpg

・・・・燃え尽きたぜ・・・・・

masshironahai.jpg

・・・・真っ白に、真っ白な灰に・・・・・




「来年またドイツに行く!できれば毎年行く!」ということははっきり決めていました。だって楽しかったから!なので帰国後も練習はずっと続けていたのですが、なぜか、どうしても気持ちがついていかない、体も動かない。Oberstdorfに行く前の時のやる気が100だとしたら、30〜70のあたりをふらふらさまよい続けているような、スケートとちょっとケンカしてしまっているような状態が続きました。

無理矢理にでもモチベーションを上げるために、9月のパピオカップにエントリーしてみたり、気分転換に軽井沢へ合宿に行ってみたり、アーティスティックも挑戦することを決めたり、いろいろ試してみたものの、どうしても気持ちが上がっていかない。

panpan2.jpg

スケート楽しくない......

panpan2.jpg

でもまたドイツは行きたいし....

panpan2.jpg

どうすれば.....




と、燃え上がることもなければ燃え尽きることもできない、ひたすらくすぶり続ける日々が、本当に長く続いたのです。



つづく



posted by dawa at 22:31| コンペティション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする